× 閉じる

トップ > ヨーロッパ > フランス > パリ2特派員 > 【パリ16区】ガリエラ宮モード博物館で開催中のマルタン・マルジェラの回顧展【Margiela / Galliera, 1989-2009】訪問レポート

フランスフランス/パリ2特派員ブログ

【パリ16区】ガリエラ宮モード博物館で開催中のマルタン・マルジェラの回顧展【Margiela / Galliera, 1989-2009】訪問レポート

カテゴリー:文化・芸術・美術 投稿日:2018年3月13日

DSCF3136.jpg


先日、3/3から開催したばかり、ベルギー出身アントワープ王立美術アカデミー卒のデザイナー、マルタン・マルジェラの回顧展【Margiela / Galliera, 1989-2009】をパリ16区 Palais Galliera(ガリエラ宮モード博物館)で鑑賞してまいりました。


Palais Gallieraは、前回のブログで紹介ました【Musée Yves Saint Laurent(イヴ・サンローラン美術館) 】やPalais de Tokyo(パレ・ド・トーキョー)から近いので、訪問の際にはセットにされるといいと思います。


それでは、最後までお楽しみに。。。

DSCF3134.jpg


まずは、パリ市内で見かける告知広告。
こちらは、Palais Galliera 前にあった広告ですが、モノトーンでとてもスタイリッシュ。マルジェラの世界観が伝わってきます。
ちょうど、私が訪問した時期は、Paris Fashion Week でモード関係者が賑わっている時期で、前回の Musée Yves Saint Laurent(イヴ・サンローラン美術館) の時もそうだったのですが、モード関係者が多く訪問されていたのが印象的でした。
館内に聞こえてくる言語もフランス語だけでなく、英語、日本語、韓国語、中国語、スペイン語、イタリア語など。。。インターナショナルな雰囲気で満ち溢れており、それこそ、小宇宙を感じさせてくれる空間でした。


DSCF3135.jpg


入口はこんな感じ。マルタン・マルジェラの世界観、たっぷりで、展覧会のワクワク感を掻き立ててくれます。


DSCF3139.jpg


Palais Galliera ですが、入口のアプローチが素敵で、エレガントな美しさは撮影ポイントでもあります。実際、展覧会の訪問者も結構、撮影されていらっしゃいました。


DSCF3143.jpg


展覧会は回顧展ということもあり、1989年春夏コレクションから2009年春夏コレクションまでのマルタン・マルジェラのデザイナーとしてのキャリアを足跡を振り返る内容となっております。
各コレクションの素晴らしさはもちろんなのですが、要所要所で、当時の時代背景も感じさせてくれるディスプレイは懐かしさも感じさせてくれるところが、当時、同じ時代を歩んでいた人間には、ほっこりさせてくれる場面もあり、楽しめる内容となっております。


展覧会は、7/15までとなっておりますので、この時期にパリへお越しになる予定のある方は、是非、この回顧展チェックしてみてはいかがでしょうか?





*美術館・博物館情報*



美術館・博物館名: Palais Galliera / ガリエラ宮モード博物館


展覧会名: Margiela / Galliera, 1989-2009


会期: 2018 / 3 / 3 - 2018 / 7 / 15


開館時間:

火・水: 10 : 00 - 18 : 00

木・金: 10 : 00 - 21 : 00


休館日: 月曜日


祝日臨時休館日: 4/1(日)/ 5/8(火)/ 5/10(木) / 5/20(日) / 7/14(土)


入館料: 10 euros


オンライン購入: http://b12-gat.apps.paris.fr/Offres.aspx (フランス語のみ)


所在地: 10 avenue Pierre Ier de Serbie 75116 Paris


URL: http://www.palaisgalliera.paris.fr/fr


最寄駅:


地下鉄:
地下鉄9号線 Iéna駅もしくは、Alma-Marceau駅下車

地下鉄6号線 Boissière駅下車

RER:C 線 Pont de l'Alma駅下車

BUS : 32番線、42番線、63番線、72番線、80番線、82番線、92番線利用

Vélib'(貸自転車): 4 rue de Longchamp / 1 rue Bassano / 2 avenue Marceau





この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

ラズール・ミホコ

フランス・パリ2特派員のラズール・ミホコが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/パリ2特派員
名前:ラズール・ミホコ

ラズール・ミホコ

1976年千葉県出身。在仏14年目。仏領レユニオン島出身の配偶者を持つ。2016年3月まで、リヨン居住。その後、現在パリ在住。大学時代からの写真愛好家で、現在は、パリを中心に風景を主に撮影。2014年開始のインスタグラムは毎日更新。仏、伊、英、西の写真紹介ページで多数ベストフォト受賞歴あり。フォロワー数800名突破(2017年12月現在)。また、自身のポートフォリオとパリ・ミニ情報の公式サイト【point2vue410(ポワン・ドゥ・ヴュ・視点)】も運営
リンク
・point2vue410
・FaceBook
・Twitter
・Instagram DISQUS ID @disqus_JieWCspimI

パリ2特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

パリを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

パリ2特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > パリ2特派員 > 【パリ16区】ガリエラ宮モード博物館で開催中のマルタン・マルジェラの回顧展【Margiela / Galliera, 1989-2009】訪問レポート