× 閉じる

トップ > ヨーロッパ > フランス > パリ特派員 > 東洋のお化けがパリに集合、ケ・ブランリー美術館で開催中の「アジアの地獄と幽霊」展が面白い

フランスフランス/パリ特派員ブログ

東洋のお化けがパリに集合、ケ・ブランリー美術館で開催中の「アジアの地獄と幽霊」展が面白い

カテゴリー:イベント・行事・お祭り / 文化・芸術・美術 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2018年6月15日

PRODDG05644.jpg

(c) musée du quai Branly - Jacques Chirac, photo Gautier Deblonde


今年7月15日までパリ市内にあるケ・ブランリー美術館では、アジアのお化けが大集合しています。昔の絵画や民芸品といったものから、近年のホラー映画まで、日本、中国、タイなどでイメージされてきた幽霊、妖怪、地獄が紹介・展示されています。民俗学に特化したケ・ブランリー美術館ならではの企画展です。

PYK_2331.jpg


美術館の外観から、すでにお化けがたくさん! 館内では、日本からは葛飾北斎などの浮世絵、ナマハゲ、化け猫、能、水木しげるの妖怪作品、映画『リング』『呪怨』などJホラーと、古今の怪談がそろいます。特にJホラーの展示スポットは、お化け屋敷の中に入っていくような、ひんやりとした感覚があります。


PRODDG05647.jpg

(c) musée du quai Branly - Jacques Chirac, photo Gautier Deblonde


中国からはキョンシーや、閻魔大王をはじめとした道教がイメージする冥府など、日本とはまた異なった恐ろしさが表現されています。


PRODDG05652.jpg

(c) musée du quai Branly - Jacques Chirac, photo Gautier Deblonde


これらだけでも十分に楽しめるのですが、個人的なおすすめはタイなど東南アジアの幽霊やホラー。中国のものは日本人にも何となくなじみがありますが、タイのものは初めて見るものばかりで、とても興味がそそられました。


例えば、空を飛ぶ生首の下に内臓がぶら下がっているピーガスーというお化けや、巨人のピープレートなど。私が子どもの頃、『ゲゲゲの鬼太郎』の劇場版に海外の妖怪が登場して、鬼太郎率いる日本の妖怪と戦うという物語があったのですが、その時に見た、なじみのない外国の妖怪に感じた好奇心を再び感じました。

PRODDG05648.jpg

(c) musée du quai Branly - Jacques Chirac, photo Gautier Deblonde


色々な地獄を見て回っていても、大人ですし子どもの頃と違って常に平然としていられます。ただ、知らず知らずに心が疲れているようです。その理由に、東洋の極楽を演出した最後の部屋で、心底ほっとする自分がいました。


PRODDG05654.jpg

(c) musée du quai Branly - Jacques Chirac, photo Gautier Deblonde


パリの夏は、日本のように至るところで空調がきいているわけではありません。「アジアの地獄と幽霊」展は7月15日までと夏の途中で終わってしまいますが、暑い日はケ・ブランリー美術館まで涼みに行ってみませんか。


【データ】
Musée du quai Branly - Jacques Chirac(ケ・ブランリー美術館)
住所:37 Quai Branly 75007 Paris
営業時間:11時〜19時(木〜土曜は21時)
定休日:日・月曜
最寄り駅:地下鉄9号線Alma-Marceau


フランス関連の速報と今日のフランスの様子はTwitter(@arukikataparis )から、フランスとフランス国外取材の写真はInstagram(@katoyukinobu )よりお知らせしています。パリ特派員ブログとあわせてチェック!

ジモモ パリ

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

加藤 亨延

フランス・パリ特派員の加藤 亨延が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/パリ特派員
名前:加藤 亨延

加藤 亨延

ジャーナリスト。日本メディアに海外事情を寄稿。日・仏・英の比較文化が専門。ロンドンにて公共政策学修士を修めた後、日本で雑誌記者として活動する。2009年よりパリ在住。取材経験はカンヌ国際映画祭、パリ同時多発テロ事件、ブリュッセル連続テロ事件、ニーステロ事件、仏大統領選など。欧州を中心に約60カ国800都市に渡航経験あり。仏外務省が発給する記者証所持。元ANNパリ支局勤務。フランス/パリの旬の話題を中心に更新していきます。お仕事などのお問い合わせはこちら、またはメールにて。
Twitter
Instagram DISQUS ID @arukikataparis

パリ特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

パリを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

パリ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > パリ特派員 > 東洋のお化けがパリに集合、ケ・ブランリー美術館で開催中の「アジアの地獄と幽霊」展が面白い