× 閉じる

トップ > ヨーロッパ > フランス > パリ特派員 > モネの庭に睡蓮はいつ咲く? 2018年版ジヴェルニー訪問まとめ

フランスフランス/パリ特派員ブログ

モネの庭に睡蓮はいつ咲く? 2018年版ジヴェルニー訪問まとめ

カテゴリー:お題 / 文化・芸術・美術 / 自然・風景 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2018年5月29日

19.jpg

Fondation Claude Monet, Giverny / Droits réservés


ジヴェルニーにあるモネの家と庭を目当として、これからの季節にフランスを訪れる人もいるかもしれません。モネの家と庭があるクロード・モネ財団は、2018年は3月28日から10月1日まで開館しており、特に7月前後は庭園の睡蓮の開花シーズンにあたります。これから訪れる睡蓮のシーズンを前に、モネの家と庭を、今年の情報を入れておさらいしてみます。

13.jpg

Fondation Claude Monet, Giverny / Droits réservés


ジヴェルニーまでの行き方は、過去の「地球の歩き方」の記事 にもあるように、パリ・サン・ラザール駅がパリの出発点。ルーアン方面の列車に乗りヴェルノン駅で下車。同駅で路線バスに乗り換えジヴェルニーへ向かいます。バス停はヴェルノン駅舎を出て進行方向の右側前方。バスの切符は運転手から直接購入できます。駅前にプチトランも止まっていますので、こちらに乗ってもジヴェルニーまで行けます。


モネの家と庭の入場チケットは現地窓口またはインターネットで購入可能(Digitick/Ticketmaster/Fnac) です。窓口は並んでいることも多いため、訪れることが決まっている人は事前購入が便利です。ちなみにジヴェルニーには、モネの家と庭の他に、ジヴェルニー印象派美術館、聖ラドゴンド教会(奥の墓場にはモネの墓あり)があります。ジヴェルニー印象派美術館 では、2018年7月15日まで「ジャポニスム&印象派」展が開かれています。


さて、チケットを買って中に入ったら、まずショップに出ます。広いスペースに土産物がたくさん積んでありますが、じつはここ、モネの代表作『睡蓮』の大アトリエだった場所。このショップを抜けると、お待ちかねの庭が広がっています。


1.jpg

Fondation Claude Monet, Giverny / Droits réservés


庭を少し歩くと、さっそく見えてくるのがモネの家。各部屋はパステルカラーで明るく塗られ、セザンヌ、ルノワールなどモネの友人たちの絵画や、浮世絵のコレクションが壁にかけられています。今は博物館として使われるモネの家ですが、耳を澄ますと当時の生活の音が聞こえてくるようです。


28.jpg

Fondation Claude Monet, Giverny / Droits réservés


35.jpg

Fondation Claude Monet, Giverny / Droits réservés


モネの家の前にはクロ・ノルマンディー(ノルマンディーの囲い庭)が広がります。クロード・モネ財団の公式サイトによれば、ジヴェルニーに移り住んだモネは、カラフルな夢の庭を実現するため、クロ・ノルマンディーの手入れを決して止めなかったそうです。元から植わっていたツゲと、妻アリスともめながらもトウヒを切り、現在のような金属製のアーチをすえました。


12.jpg

Fondation Claude Monet, Giverny / Droits réservés


クロ・ノルマンディーを抜けた後、道路下を潜る地下道を通って、いよいよ睡蓮がある水の庭に達します。庭にある池と周囲を流れる小川は、エプト川の支流リュ川から水を引き込んだもの。池に浮かぶ橋は、クロード・モネ財団の公式サイトによれば、おそらくモネは浮世絵からヒントを得て日本風の橋を作ったのではないか、とのことです。


25.jpg

Fondation Claude Monet, Giverny / Droits réservés


24.jpg

Fondation Claude Monet, Giverny / Droits réservés


モネの庭自体は、王侯貴族の城のように広くはありません。しかし、ふとベンチに腰掛けて見渡せば、庭の細部がさまざまな表情を訪問者に与え、その懐の広さを知らせてくれます。


日本でモネの作品を鑑賞したときは、どこか遠い作品のように感じてしまう人も多いかもしれません。日本にいれば日本らしい緑と陽の光があるように、フランスにいればフランスらしい明るさがこの庭に降り注いでいます。この庭で足を止めて花々を眺めていると、モネの作品ははるか遠いところからひねり出されたものではなく、この場所で描かれるべくして描かれたのだと実感できるはずです。


【データ】
Fondation Claude Monet(クロード・モネ財団)
住所:84 rue Claude Monet 27620 Giverny
営業時間:9時30分〜18時
定休日:無
最寄り駅:SNCF Gare de Vernon - Giverny


フランス関連の速報と今日のフランスの様子はTwitter(@arukikataparis )から、フランスとフランス国外取材の写真はInstagram(@katoyukinobu )よりお知らせしています。パリ特派員ブログとあわせてチェック!

ジモモ パリ

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

加藤 亨延

フランス・パリ特派員の加藤 亨延が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/パリ特派員
名前:加藤 亨延

加藤 亨延

ジャーナリスト。日本メディアに海外事情を寄稿。日・仏・英の比較文化が専門。ロンドンにて公共政策学修士を修めた後、日本で雑誌記者として活動する。2009年よりパリ在住。取材経験はカンヌ国際映画祭、パリ同時多発テロ事件、ブリュッセル連続テロ事件、ニーステロ事件、仏大統領選など。欧州を中心に約60カ国800都市に渡航経験あり。仏外務省が発給する記者証所持。元ANNパリ支局勤務。フランス/パリの旬の話題を中心に更新していきます。お仕事などのお問い合わせはこちら、またはメールにて。
Twitter
Instagram DISQUS ID @arukikataparis

パリ特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

パリを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

パリ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > パリ特派員 > モネの庭に睡蓮はいつ咲く? 2018年版ジヴェルニー訪問まとめ