トップ > ヨーロッパ > フランス > パリ特派員 > カンヌ国際映画祭が開幕、2018年はコンペティション部門に日本から2作品

フランスフランス/パリ特派員ブログ

カンヌ国際映画祭が開幕、2018年はコンペティション部門に日本から2作品

カテゴリー:イベント・行事・お祭り / エンターテイメント・音楽・ショー / 文化・芸術・美術 投稿日:2018年5月 8日

30x18_Cannes18.jpg

© Maquette : Flore Maquin - Photo : Pierrot le fou © Georges Pierre


本日5月8日からカンヌ国際映画祭 が始まります。19日までの約2週間にわたり、カンヌ市内のパレ・デ・フェスティバル・エ・デ・コングレで開催。71回を迎えた同映画祭には、今年も日本からいくつか出品されています。

IMG_9378.jpg


まずパルムドール(最優秀賞)を競うコンペティション部門には、日本からは2作品が出ます。13日には是枝裕和監督『万引き家族』が上映。翌14日には濱田竜介監督『寝ても覚めても』がお披露目されます。日本の作品ではありませんが、同じくコンペティション部門イ・チャンドン監督『Burning』は、村上春樹さんの小説『納屋を焼く』を原作としています。『Burning』は16日に登場します。





コンペティション部門以外にも日本作品はいくつかあります。カンヌ国際映画祭開催時に行われる監督週間には、細田守監督『未来のミライ』が選出されました。16日に上映されます。



18日の短編部門には、佐藤雅彦さんおよび川村元気さんが監督を務める『どちらを選んだのかは分からないが、どちらかを選んだことははっきりしている』が出品されています。


映画祭の様子はYouTube もしくはDailymotion の公式チャンネルで放送されます。またこの時期、フランスへ行く予定の人はエールフランスやフランス国鉄のストライキ の時期とかぶっていますので、日程と時間に余裕のある行動をおすすめします。


フランス関連の速報と今日のフランスの様子はTwitter(@arukikataparis )から、フランスとフランス国外取材の写真はInstagram(@katoyukinobu )よりお知らせしています。パリ特派員ブログとあわせてチェック!

ジモモ パリ

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

加藤 亨延

フランス・パリ特派員の加藤 亨延が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/パリ特派員
名前:加藤 亨延

加藤 亨延

ジャーナリスト。日本メディアに海外事情を寄稿。日・仏・英の比較文化が専門。ロンドンにて公共政策学修士を修めた後、日本で雑誌記者として活動する。2009年よりパリ在住。取材経験はカンヌ国際映画祭、パリ同時多発テロ事件、ブリュッセル連続テロ事件、ニーステロ事件、仏大統領選など。欧州を中心に約60カ国800都市に渡航経験あり。仏外務省が発給する記者証所持。元ANNパリ支局勤務。フランス/パリの旬の話題を中心に更新していきます。お仕事などのお問い合わせはこちら、またはメールにて。
Twitter
Instagram DISQUS ID @arukikataparis

パリ特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

パリを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

パリ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > パリ特派員 > カンヌ国際映画祭が開幕、2018年はコンペティション部門に日本から2作品

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について