× 閉じる

トップ > ヨーロッパ > フランス > パリ特派員 > パリ郊外ラ・デファンスのショッピングモール「レ・キャトル・タン」で福島PRイベントが開催

フランスフランス/パリ特派員ブログ

パリ郊外ラ・デファンスのショッピングモール「レ・キャトル・タン」で福島PRイベントが開催

カテゴリー:イベント・行事・お祭り / レストラン・料理・食材 投稿日:2018年3月25日

PYK_0503.jpg


パリは少しずつ春の陽気になってきました。そんな今週末24日、新凱旋門があるパリ郊外ラ・デファンスのショッポングモール「レ・キャトル・タン」にて、「ふくしまプライド・フェア in パリ」と銘打たれた福島県産品のPRイベントが開かれました。せっかくの機会なので、どんな様子なのかのぞいて来ました!

PYK_0513.jpg


会場となったレ・キャトル・タンとは、パリ近郊に造られた高層ビルが立ち並ぶビジネス街にある巨大ショッピングモールです。服や雑貨のお店、スーパーマーケット、レストラン、映画館が入っており、週末になると近隣郊外に住むフランス人でとても賑わいます。


ビジネス街と言うと、平日以外は閑散としていると思うかもしれませんが、郊外の住宅街の中に、ポンと高層ビル群が集まる形であるため、休日も人出は多いです。ショッピングモールの雰囲気は、郊外の巨大イオンモールに近いです。


PYK_0510.jpg


イベント当日は、桃、あんぽ柿の試食や、会津地方の郷土玩具・赤べこの絵付けなどが行われました。また福島県の内堀知事が来仏したこともあり、日本のメディアがいくつか取材に。知事は福島県産のお米を来場者に配るなど、県産品をアピールしていました。偶然通りかかったフランス人も、配られていた試食を食べてみたり、係りの人に興味深げに質問していましたよ。


PYK_0496.jpg

フランスで「Fukushima」と聞くと、入ってくる情報が少ないこともあり、どうしても原発事故の印象が先行してしまいます。こういうイベントを通して、原発だけでない、さまざまな角度からの「福島」のイメージが、フランスの中で重なっていくと良いですね。


PYK_0501.jpg




【データ】
Les Quatre Temps(レ・キャトル・タン)
住所:15 Parvis de la Défense 92800 Puteaux
営業時間:10時〜20時30分(日曜は〜20時)
定休日:無
最寄り駅:地下鉄1号線/RER A線La Défense

ジモモ パリ

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

加藤 亨延

フランス・パリ特派員の加藤 亨延が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/パリ特派員
名前:加藤 亨延

加藤 亨延

ジャーナリスト。日本メディアに海外事情を寄稿。日・仏・英の比較文化が専門。ロンドンにて公共政策学修士を修めた後、日本で雑誌記者として活動する。2009年よりパリ在住。取材経験はカンヌ国際映画祭、パリ同時多発テロ事件、ブリュッセル連続テロ事件、ニーステロ事件、仏大統領選など。欧州を中心に約60カ国800都市に渡航経験あり。仏外務省が発給する記者証所持。元ANNパリ支局勤務。フランス/パリの旬の話題を中心に更新していきます。お仕事などのお問い合わせはこちら、またはメールにて。
Twitter
Instagram DISQUS ID @arukikataparis

パリ特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

パリを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

パリ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > パリ特派員 > パリ郊外ラ・デファンスのショッピングモール「レ・キャトル・タン」で福島PRイベントが開催