× 閉じる

トップ > ヨーロッパ > フランス > パリ特派員 > 日本の実験的音楽&アートを紹介するイベント「Japan Tribute」がパリで開催

フランスフランス/パリ特派員ブログ

日本の実験的音楽&アートを紹介するイベント「Japan Tribute」がパリで開催

カテゴリー:イベント・行事・お祭り / エンターテイメント・音楽・ショー / 夜遊び・クラブ・お酒 / 文化・芸術・美術 投稿日:2018年3月 4日

IMG_8978.jpg


パリ市は毎年、フランス政府公式のフランス語学校・文化センターであるアンスティチュ・フランセと協力して、パリ市と姉妹都市の関係にある都市と「タンデム」という名の文化対話イベントを行なっています。


タンデムの目的とは、その年のパートナー都市と共に、互いに相手都市の文化シーンの活力を住民に紹介すること。これまでブエノスアイレス、ベルリン、ダカール、ローマ、ロンドン、ニューヨーク、マドリードなどの都市と開かれてきましたが、今年は日仏友好160年という節目であることから、パリ市は東京都と組んでタンデムを実施しています。


そのタンデムの一環として今月3日、パリ19区のアートスペース「104(サンキャトル)」にて開催されたアートイベント「Japan Tribute」を見学してきました。今回のイベントでは、フランス国立視聴覚研究所のフランス音楽研究グループによって、日本の実験的音楽のアーティスト5組が選ばれ、プログラムを披露しました。

IMG_8979.jpg


21時に開場し、まず観客を迎えたのが斎藤麗さんによるフード・パフォーマンス。キュイジーヌ・エグジスタンシェルと名付けられた、実際の食材で作られ食べることもできる、観客参加型および一期一会のインスタレーションです。作品の周りでは、皆ひとしきり鑑賞した後、次々と手を伸ばし、作品を口の中へぱくり。最後にはすっかり無くなってしまいました。


IMG_8986.jpg


次に行われたのがトモコ・ソバージュさんによるパフォーマンス。使うのは水を張った磁器のボウル、水中マイク、電子機器です。水滴がボウルに落ちる高く響く音から、砂嵐のような音まで、水を使った多様な音をその場で作り出して、それらを組み合わせ、音楽を紡ぎ出します。


IMG_8989.jpg



3番目に登場した和田永さんのプログラムは換気扇サイザー。和田さんは、役割を終えた古い家電を、電子楽器として演奏します。今回使用したのは10機の換気扇。換気扇の裏に照明を取り付け、換気扇の羽根が回ることによって漏れる光を太陽電池で拾い、その光量の差を電気の波の加減として音にします。換気扇の羽根の枚数を変えることで音階を作り、モーターの回転数を変えながら演奏します。


IMG_8996.jpg



換気扇サイザー|KANKISENTHIZER from GIZMODO JAPAN on Vimeo .


次に行われたのが中山晃子さんのライブペインティング。その場で絵を描くだけでなく、インクやさまざまな材質のものを加え、その混ざり具合と、あらかじめ用意された自然の造形美の写真を組み合わせて、音楽と共にライブでスクリーンにその移り変わる様子を投影していくというものです。刻々と変化する映像に見入ってしまいました。



その後、私はうっかり帰宅してしまったのですが(勘違いして、すべて終わったと思っていました......)、じつはもう一つプログラムが残っていまして、それが4人組のインストゥルメンタル・バンドLITEによるライブ。こちらもとても良さそうなパフォーマンスだっため、心残りです。



Japan Tribute以外にも、今年は例年より多くの日本イベントがフランスで開催されます。日本とフランスでは、同じパフォーマンスでも当然ながら観客の受け取り方、視点などいろいろ変わります。パリでスケジュールに余裕があるようなら、それらイベントに参加して違いを比べてみるのもおすすめです。

ジモモ パリ

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

加藤 亨延

フランス・パリ特派員の加藤 亨延が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/パリ特派員
名前:加藤 亨延

加藤 亨延

ジャーナリスト。日本メディアに海外事情を寄稿。日・仏・英の比較文化が専門。ロンドンにて公共政策学修士を修めた後、日本で雑誌記者として活動する。2009年よりパリ在住。取材経験はカンヌ国際映画祭、パリ同時多発テロ事件、ブリュッセル連続テロ事件、ニーステロ事件、仏大統領選など。欧州を中心に約60カ国800都市に渡航経験あり。仏外務省が発給する記者証所持。元ANNパリ支局勤務。フランス/パリの旬の話題を中心に更新していきます。お仕事などのお問い合わせはこちら、またはメールにて。
Twitter
Instagram DISQUS ID @arukikataparis

パリ特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

パリを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

パリ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > パリ特派員 > 日本の実験的音楽&アートを紹介するイベント「Japan Tribute」がパリで開催