× 閉じる

トップ > ヨーロッパ > フランス > パリ特派員 > セーヌ川の増水と公共交通機関への影響について

フランスフランス/パリ特派員ブログ

セーヌ川の増水と公共交通機関への影響について

カテゴリー:お知らせ / 天気・気候・気温 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2018年1月31日

IMG_8695.jpg


1月に増水を続けていたセーヌ川の水位は、一時期よりも落ち着きましたが、川沿いの道路が水没するなど水位は未だ高い位置にあります。この影響を受けて、市内を通るRER C線の駅が、現在でも一部で閉鎖しています。

IMG_8694.jpg


パリ市によれば、1月31日現在で2月5日まで閉鎖が決まっているのが、RER C線のSaint-Michel Notre Dame、Musée d'Orsay、Invalides、Champ-de-Mars、Avenue du Président Kennedy、Boulainvilliers、Pont de l'Almaの7駅(ただしPont de l'Almaは以前から工事で閉鎖中)です。市内の低くなっている一部道路や広場も立ち入りが禁止されています。


IMG_8693.jpg


この増水を受けて、住処が水没したネズミが川沿いから上がって来ているほか、水没した箇所による停電の可能性もあります。


IMG_8691.jpg


1月31日現在のパリ市内オステルリッツで、セーヌ川の水位は5.47メートル。同29日の5.84メートルよりは水位が落ち着いて来ましたが、依然注意は必要です。

ジモモ パリ

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

加藤 亨延

フランス・パリ特派員の加藤 亨延が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/パリ特派員
名前:加藤 亨延

加藤 亨延

ジャーナリスト。日本メディアに海外事情を寄稿。日・仏・英の比較文化が専門。ロンドンにて公共政策学修士を修めた後、日本で雑誌記者として活動する。2009年よりパリ在住。取材経験はカンヌ国際映画祭、パリ同時多発テロ事件、ブリュッセル連続テロ事件、ニーステロ事件、仏大統領選など。欧州を中心に約60カ国800都市に渡航経験あり。仏外務省が発給する記者証所持。元ANNパリ支局勤務。フランス/パリの旬の話題を中心に更新していきます。お仕事などのお問い合わせはこちら、またはメールにて。
Twitter
Instagram DISQUS ID @arukikataparis

パリ特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

パリを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

パリ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > パリ特派員 > セーヌ川の増水と公共交通機関への影響について