× 閉じる

トップ > ヨーロッパ > フランス > パリ特派員 > パリにいたら参加したい2018年前半の注目イベント

フランスフランス/パリ特派員ブログ

パリにいたら参加したい2018年前半の注目イベント

カテゴリー:お題 / イベント・行事・お祭り / エンターテイメント・音楽・ショー / 文化・芸術・美術 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2018年1月31日

PYK_0241.jpg


パリは見所も多く、町歩きだけでも楽しいですが、年間を通して行われる各種イベントに参加すると、さらに楽しめます。そこで2018年前半(2〜6月)にパリ市内で行われるイベントをまとめてみました。

IMG_7926.jpg


2月

2月11日:カルナヴァル・ド・パリ
今年で21回を数える仮装行列のパレード。ガンベッタ広場を14時頃出発し、ガンベッタ通りからオーギュスト・メティヴィエ広場、メニルモンタン通り、ベルヴィル通り、フォーブル・ドゥ・タンプル通りを経由して、17時頃のレピュブリック(共和国)広場到着までを練り歩きます。レピュブリック広場到着後は、20時までカーニバルが続きます。


2月16日(18日/25日):春節
セーヌ川右岸ベルヴィル界隈と、13区イタリー広場より南に位置する中華街を中心に、春節(旧正月)のお祝い一色になります。春節自体は2月16日ですが、龍などが登場するイベントはベルヴィル地区で2月18日、13区は2月25日に開催予定です。一口に「中華」と言っても、中国本土出身者から東南アジア華僑までさまざまな人が住んでいます。


PYK_0355.jpg


2月24日〜3月4日:パリ国際農業見本市
農業国フランスを体現するような催しです。フランス全土から農林水産畜産業者が集結して、フランスの特産品が一同に会します。動物などの展示もあり。ファミリーで楽しめます。フランス大統領や各党の党首も毎年訪れるため、タイミングが合えば、会場内を報道陣に囲まれながら歩くマクロン大統領にも遭遇できるかもしれません。


3月


3月23日〜26日:独立ワイン生産者見本市
パリの酒飲みが、いつも楽しみに待つイベント。11月の秋にも開かれています。フランス各地から小規模ワイン生産者(少数ですがアルマニヤック、コニャックなど蒸留酒の生産者も参加)が集まり、数えきれない(飲みきれない)数の試飲スタンドが設けられます。価格はパリ市価よりも安く、試飲すればするほど財布の紐も緩んでしまうかもしれません。


3月30日〜5月27日:フォワール・ド・トローヌ
パリ東部ヴァンセンヌの森の一角に設営される期間限定の遊園地です。957年から続くお祭りを起源にしています(ただしヴァンセンヌの森に移動したのは1965年から)。会場内には絶叫マシンや観覧車など各種アトラクションや屋台が並びます。


1393406276_1.jpg


4月

4月1日:復活祭
復活祭に合わせてパリ市内西部にあるアンドレ・シトロエン公園 では、大規模な卵探しが行われます。毎年多くの家族連れで賑わうファミリー向きのイベントです。


4月5日〜8日:アート・パリ・アート・フェア
グラン・パレを会場として開かれる、主に第二次大戦後から現代の作品を扱う美術見本市です。23カ国から142のギャラリーが集まります。毎年世界の美術関係者が訪れ、2018年はスイスがゲスト国です。


img.jpeg

Art Paris Art Fair (c) Emmanuel Nguyen Ngoc, 2017


5月

5月21日〜6月10日:テニス全仏オープン
パリ市内西部のテニス場「スタッド・ローラン・ギャロス」で開かれるテニス世界四大国際大会の1つ。クレーコートで争われます。基本的にチケットは事前予約が必須。販売は公式サイトで購入できます。ただし天候により、当日券が手に入る可能性もあります。


5月19日:ヨーロッパ美術館の夜
美術館が無料で夜間解放される日。ルーブル美術館やオルセー美術館、ポンピドゥーセンターなど大きなところから、小規模のところまで、ヨーロッパ各国の美術館が参加して行われます。コンサートやインスタレーションなど、この日しか見られない特別イベントも美術館内で行われます。


6月

6月21日:フェット・ドゥ・ラ・ミュージック
街中が音楽一色になる日です。ジャンル、プロアマ問わず、屋外に作られた特設会場や道路など、市内全体がコンサートホールと化します。特に夕方から夜にかけてパリ市内は音楽で溢れます。公式サイトから事前に目当てのコンサートを探して訪れても良いですし、いくつか街中の音楽をハシゴしても楽しいです。


これら今回紹介したイベントの他にも、大小さまざまな催しがパリでは日々開かれています。ぜひ観光とあわせて訪れてみてください。

ジモモ パリ

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

加藤 亨延

フランス・パリ特派員の加藤 亨延が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/パリ特派員
名前:加藤 亨延

加藤 亨延

ジャーナリスト。日本メディアに海外事情を寄稿。日・仏・英の比較文化が専門。ロンドンにて公共政策学修士を修めた後、日本で雑誌記者として活動する。2009年よりパリ在住。取材経験はカンヌ国際映画祭、パリ同時多発テロ事件、ブリュッセル連続テロ事件、ニーステロ事件、仏大統領選など。欧州を中心に約60カ国800都市に渡航経験あり。仏外務省が発給する記者証所持。元ANNパリ支局勤務。フランス/パリの旬の話題を中心に更新していきます。お仕事などのお問い合わせはこちら、またはメールにて。
Twitter
Instagram DISQUS ID @arukikataparis

パリ特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

パリを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

パリ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > パリ特派員 > パリにいたら参加したい2018年前半の注目イベント