× 閉じる

トップ > ヨーロッパ > フランス > パリ特派員 > 2017年大晦日から2018年元旦にかけてのパリの深夜交通状況

フランスフランス/パリ特派員ブログ

2017年大晦日から2018年元旦にかけてのパリの深夜交通状況

カテゴリー:お知らせ / 交通・鉄道・航空 投稿日:2017年12月26日

IMG_8452.jpg


大晦日から新年にかけて、パリでも各所で新年のイベントが行われます。それに合わせてパリ交通公団(RATP)は、毎年年越しの交通機関を無料および深夜運行させています(RER B線Antony駅とオルリー空港をつなぐオルリーバルは除く)。

IMG_8462.jpg


無料になる時間は2017年12月31日17時から2018年元日12時まで。


地下鉄は元日2時15分から5時30分の深夜に1、2、4、6、9、14号線が動いています。ただし、すべての駅が開いているわけではありません(詳細はRATPの路線図を参照 )。


RERは元旦0時15分からパリと郊外をつなぐ路線が深夜運行します(詳細はRATPの路線図を参照 )。運行間隔は18分から60分と路線により、まちまちです。


深夜バスは元旦0時30分から5時30分まで動きます。通常Châteletを終点とするいくつかの深夜路線は、モンパルナス駅やイタリー広場、東駅などに終点が代替されます(詳細はRATPの路線図を参照 )。


IMG_8470-thumb-730xauto-315698.jpg


人が集まる場所はスリなどの被害も増えます。手荷物などには注意をしつつ、素敵な年越しをお過ごしください。

ジモモ パリ

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

加藤 亨延

フランス・パリ特派員の加藤 亨延が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/パリ特派員
名前:加藤 亨延

加藤 亨延

ジャーナリスト。日本メディアに海外事情を寄稿。日・仏・英の比較文化が専門。ロンドンにて公共政策学修士を修めた後、日本で雑誌記者として活動する。2009年よりパリ在住。取材経験はカンヌ国際映画祭、パリ同時多発テロ事件、ブリュッセル連続テロ事件、ニーステロ事件、仏大統領選など。欧州を中心に約60カ国800都市に渡航経験あり。仏外務省が発給する記者証所持。元ANNパリ支局勤務。フランス/パリの旬の話題を中心に更新していきます。お仕事などのお問い合わせはこちら、またはメールにて。
Twitter
Instagram DISQUS ID @arukikataparis

パリ特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

パリを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

パリ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > パリ特派員 > 2017年大晦日から2018年元旦にかけてのパリの深夜交通状況