× 閉じる

トップ > ヨーロッパ > ノルウェー > オスロ3特派員 > アルコールは人体に有害!?ノルウェーの厳しいお酒事情について

ノルウェーノルウェー/オスロ3特派員ブログ

アルコールは人体に有害!?ノルウェーの厳しいお酒事情について

カテゴリー: 投稿日:2018年6月 1日

筆者がオスロに来て一番困ったのが、お酒の問題です。


何が問題かというと、まずはその値段。た、高い...。
日本だとキリンの缶ビールが1缶200円くらいで買えていたのに、オスロでは一番安いものでも20NOK(ノルウェー・クローネ)=280円くらいします。ちょっと高いクラフトビールだと1缶(330ml)あたり40NOK=560円くらいザラです。


もう1つの問題はお酒の購入時間が限られていること。
平日は夜8時まで、土曜日は夜6時まで、日曜は終日買えません。
(もちろんレストランなどでは終日飲めますが。)


ノルウェーはお酒とたばこを人体に有害なものと考えているため、規制が厳しいのですね。
分かるような気もしますが、日本で24時間買えていたのを考えるとやはり不便です。


さて、ここからはオスロのスーパーで買える、大衆向けのビールをご紹介します。
値段も高いし規制も厳しいけど、ノルウェーのビールは美味しいんですよ♪


日本のKIRINが始めてビールの醸造を始めた時、醸造技術を教えたのがノルウェー人だったという逸話があるそうです。そのためか、ノルウェー人もビールには誇りを持っています。


まずはこちら、Ringnesのピルスナーです。


Sample4no1.jpg

日本で言うキリンやアサヒのような位置づけの一番大衆向けのビールでありながら、フルーティな上品な香りが特徴です。ドラフトビールとしておいているお店も多いです。


続いてはこちら、TUBORGのラガービール。


Sample4no2.jpg

こちらはノルウェー産ではないのですが、ヨーロッパでも広く流通しているビールで、後味のスッキリしたクセのないビールです。夏にもぴったりですね。


続いてはこちら、Aassのピルスナーです。


Sample4no3.jpg


パッケージもなんか安っぽいように見えますが、こちらも美味しいビールで人気があります。Ringnesに香りや味、値段ともに近いビールです。


さて、最後は少し高めのビールを。


Sample4no4.jpg


Frydenlundというブランドのペールエールです。500mlで37NOK=520円くらいするので、スーパーで買えるビールの中では高級な部類に入りますが、香りが全然違います。地元のノルウェー人もこぞって絶賛するビールなのです。


ちなみにノルウェーのスーパーでは販売できるアルコール度数に上限があります。そのため、この記事でご紹介したビールは全てアルコールが4.6%前後になっています。それを上回る度数のお酒は、リカーショップに行かないといけません。


これくらい国がしっかりとアルコールを管理するのも、いいことかもしれませんね。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

りーちゃん

ノルウェー・オスロ3特派員のりーちゃんが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ノルウェーノルウェー/オスロ3特派員
名前:りーちゃん

りーちゃん

2017年8月よりノルウェー・オスロ大学大学院に入学、国際比較教育学を専攻。日本での8年間の英語講師としての勤務経験を糧に、日本の教育の在り方を模索する。学業のかたわら、Webライターとしても執筆活動中。ノルウェーの豊かな自然と人々の温かさに支えられながら、オスロのスポット、文化、暮らしなどを発信していきます。趣味はオスロ移住後に目覚めたクロスカントリー&アルペンスキー。 DISQUS ID @discus_osr3_is

オスロ3特派員トップにもどる

その他のノルウェーの特派員

オスロを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

オスロ3特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ノルウェー > オスロ3特派員 > アルコールは人体に有害!?ノルウェーの厳しいお酒事情について