トップ > ヨーロッパ > ノルウェー > オスロ特派員 > フェアプレーとメープルシロップ

ノルウェーノルウェー/オスロ特派員ブログ

フェアプレーとメープルシロップ

カテゴリー:スポーツ・観戦 投稿日:2010年2月27日

スキーを履いて生まれてきた」と言われるほどのスキー大国ノルウェー。冬季五輪のニュースが毎日駆け巡っていますが、ここでクロスカントリーを語るときに欠かせないひとりのノルウェー人がいます。4年前の冬季五輪で、カナダとノルウェーの国民を感動させ、全世界にフェアプレーの意義を再認識させたノルウェーのクロスカントリーのコーチ、Bjørnar Håkensmoen(ビョルナル・ホーケンスモーエン)です。


 それは2006年のトロント大会、女子スプリントの試合中でした。カナダのSara Renner 選手のストックが競技中に突然折れてしまい、入賞は絶望的と一瞬誰もが思った時、ホーケンスモーエンコーチがためらいもなく、すかさず自分のノルウェーチームのストックを彼女に渡したのです。この試合でカナダは銀メダルを獲得、優勝を狙っていたノルウェーは4位という結果に終わりました。


 その次の日の夜、Sara Renner 選手はお礼にワインボトル1本をコーチに贈りました。ところが、そこで話は終わらず、コーチの純粋な行為に感動したカナダ国民は、「メープルシロッププロジェクト」と称し、5.2トン(8,000カン)のメープルシロップを彼に贈呈したのです。そして、最終的にこのメープルシロップはノルウェーのガン団体に寄付されました。


 後のインタビューでホーケンスモーエンコーチは、「あれは自分にとって当たり前の行動だった。誰もがそうするべきだと思うよ。」と答えたそうです。今ではこの出来事はノルウェーでスポーツのフェアプレーやスキーの話をする時には欠かせない話題のひとつであり、また多くのノルウェー人が彼の行動を誇りに思っています。


 前回の大会でのエピソードではありますが、今回の冬季五輪のニュースの中で、今でも彼のフェアプレー精神が話題になり、繰り返し「スポーツの本来あるべき姿」の重要性が強調されていたため、今回こちらでも紹介させていただきました。


参考:NRKニュース
ペーパーマガジン、The Monthly Moose Vol.2 Issue 5 - February 2010

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

鐙 麻樹

ノルウェー・オスロ特派員の鐙 麻樹が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ノルウェーノルウェー/オスロ特派員
名前:鐙 麻樹

鐙 麻樹

【Asaki Abumi】上智大学フランス語学科卒業。オスロ大学でメディア学学士号・大学院で修士号を取得。ジャーナリスト、写真家として数多くの媒体に寄稿。報道リサーチや翻訳、メディア・企業向けコーディネーター、コンサルタントとしても活動中。珍しい存在として、現地で取材を受けることも(一例:雑誌Plnty)。2015年に産業推進機関イノベーション・ノルウェーより活動実績を表彰される。InstagramFacebookTwitter公式HPYahoo!JAPAN NEWS朝日新聞Globe+LINE@、「ここでしか読めない」情報をnoteで配信中

オスロ特派員トップにもどる

その他のノルウェーの特派員

オスロを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

オスロ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ノルウェー > オスロ特派員 > フェアプレーとメープルシロップ

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について