トップ > 日本 > 岡山特派員 > 福岡一文字派と国宝・備前刀「山鳥毛」

日本国内日本国内/岡山特派員ブログ

福岡一文字派と国宝・備前刀「山鳥毛」

カテゴリー:見所・観光・定番スポット 投稿日:2018年11月 8日

1.jpg


先月、「九州福岡の地名の由来は『備前福岡』から」 で、お伝えをした妙興寺の門前です。
お寺は道幅の広い「市場小路」の突き当りにあります。
室町時代は、吉井川の水運と山陽道の陸運が交わる要衝で、常設市に発展し
備前福岡は西国で最大級の商都として栄えていました。
かつては、ここから西の吉井川まで、市が立て並ぶメインストリートだったそうです。
当時から刀剣や備前焼が取り扱われ、国宝「一遍上人絵伝」の中の"福岡の市"では
その繁栄ぶりを物語っています。
この道幅は当時のままで、古い道にありがちな狭い路地ではありませんよ。


4.JPG


妙興寺の100m西、市場小路沿いに,自然石に刻まれた碑が建っています。
これは、福岡一文字刀工跡の記念碑です。"福岡一文字派"が生れ,多くの名工を輩出した場所です。
福岡一文字派の始祖、則宗は後鳥羽上皇より皇位の紋である十六弁の菊紋と一の字を切ることを許されます。
そのことから「十六弁の菊紋」に「一」が銘に入っているものを「菊一文字」と呼ぶことになります。

余談ですが、菊一文字といえば、新選組一番隊長の沖田総司愛用の刀として
作家の司馬遼太郎や子母澤寛の小説の中に出てくるので、有名な話しですが
実際、大名が持つような名刀を普段から持ち歩いていたのでしょうか?

また後鳥羽上皇は、古今の名刀をこよなく愛し、全国から名工を招じ
御所で鍛えさせ、さらに、自ら鍛刀を行ったともいいます。
そのため、刀鍛冶は一介の職人ながら下級貴族の地位を与えられ烏帽子を許されたといいます。


1.JPG


一文字派の有名な刀剣として、東郷元帥が日本海海戦の時、旗艦三笠艦上で指揮をとった福岡一文字吉房
福岡藩初代藩主、黒田長政は一文字を代表する太刀、日光一文字(国宝)を所持していました。
さらに戦国武将、上杉謙信の愛刀として知られ、福岡一文字派の最高傑作とされる
山鳥毛(さんちょうもう)一文字(国宝)。
特にこの刀は岡山県内の個人の所有のものですが
先日、上杉謙信所縁の新潟県上越市が買取を断念したという報道がありましたね。
現在は旧長船町が含まれる岡山県瀬戸内市が買取に向けて動いています。
先月からこの太刀の購入に向け、瀬戸内市はインターネットで寄付を集める
クラウドファンディング(CF)型ふるさと納税を始めました。

興味のある方はこちらのHPへどうぞ。
山鳥毛里帰りプロジェクト https://setouchi-cf.jp/



記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

mami

日本国内・岡山特派員のmamiが現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/岡山特派員
名前:mami

mami

岡山生まれの岡山育ち。岡山市内在住の「おかやまっ子」です。鉄道好きの夫に連れられ県内外各地を歩くうち、カメラを手にするようになり、文章を書くことが好きなことも高じて2013年からは個人ブログ「つれづれ日記」をはじめました。地元民目線での岡山の四季折々の自然や人々の生活、そして美味しい情報をレポしていきたいと思っています。 DISQUS ID @disqus_LJ2QGvckC1

岡山特派員トップにもどる


岡山県に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

岡山特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 岡山特派員 > 福岡一文字派と国宝・備前刀「山鳥毛」

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について