トップ > 日本 > 岡山特派員 > 九州福岡の地名の由来は『備前福岡』から ~瀬戸内市長船町~

日本国内日本国内/岡山特派員ブログ

九州福岡の地名の由来は『備前福岡』から ~瀬戸内市長船町~

カテゴリー:見所・観光・定番スポット 投稿日:2018年10月 8日

2.JPG


今月は瀬戸内市長船町の周辺をご案内しましょう。
長船の『備前福岡』という場所は、吉井川と山陽道が交わる水陸交通の要所で
人や物資が集まる地として中世は山陽道随一の商都と言われ古くから栄えていました。
豊臣秀吉が備中松山城を水攻めをした時もここで物資の提供を受けています。
鎌倉時代の国宝『一遍上人絵伝』に描かれた「福岡の市」の場面は有名で
往時を偲ぶ町のつくりが今も残っています。

また、豊臣秀吉の軍師、黒田官兵衛ゆかりの地でもあり
官兵衛の曾祖父の墓と父の供養塔が妙興寺に残されています。
さらに、戦国の貴公子と呼ばれた宇喜多秀家の祖父、宇喜多興家の墓も
こちらにあります。


3.JPG


妙興寺へ行ってみましょう。
かつて、山陽道最大の商都として栄えていたころの寺域は
約2万㎡余りの敷地に1院と10の坊が立ち並ぶ大寺院だったそうです。


4.JPG


仁王像は運慶快慶の慶派の仏師の作だそうです。
東大寺の仁王像も運慶、快慶、定覚、湛慶と小仏師多数の作品ですが
色彩が施されているせいか、雰囲気がずいぶん違って見えますね。


5.JPG


妙興寺は1403年に建立された歴史あるお寺ですが
江戸時代に伽藍の大半を焼失し再建はされましたが今は小さな寺域です。
この奥に黒田家の墓所があり、黒田官兵衛の子
黒田長政が筑前に封ぜられ、居城を博多の西に築いた時
祖先の故郷"備前国邑久郡福岡"にちなんで『福岡城』と名付けたと言われています。


この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

mami

日本国内・岡山特派員のmamiが現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/岡山特派員
名前:mami

mami

岡山生まれの岡山育ち。岡山市内在住の「おかやまっ子」です。鉄道好きの夫に連れられ県内外各地を歩くうち、カメラを手にするようになり、文章を書くことが好きなことも高じて2013年からは個人ブログ「つれづれ日記」をはじめました。地元民目線での岡山の四季折々の自然や人々の生活、そして美味しい情報をレポしていきたいと思っています。 DISQUS ID @disqus_LJ2QGvckC1

岡山特派員トップにもどる


岡山県に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

岡山特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 岡山特派員 > 九州福岡の地名の由来は『備前福岡』から ~瀬戸内市長船町~

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について