トップ > 日本 > 岡山特派員 > かつては国宝だった漆黒の城「岡山城」 ~後楽園界隈~

日本国内日本国内/岡山特派員ブログ

かつては国宝だった漆黒の城「岡山城」 ~後楽園界隈~

カテゴリー:見所・観光・定番スポット 投稿日:2017年12月17日

1.JPG




岡山特派員のmamiです。岡山後楽園界隈をご案内していますが
後楽園から南に見えるのが岡山城です。

漆黒で塗られた下見板が光に照らされ
「カラスの濡れ羽色」に似ているところから「烏城(うじょう)」とも呼ばれます。
また、上の写真のように金の鯱や瓦に金箔が押されていたことから
「金烏城」の別名もあったと聞きます。

築城は関が原の合戦前で、宇喜多秀家の時です。
この時期に築造された天守閣は数えるほどしかなく
最も古い望楼方天守閣になるそうで
太平洋戦争の最中、B29の爆撃を受け
燃え落ちるまでは国宝だったということはを
岡山市民でも知らない人が多くなっています。

今日はこの岡山城をご案内しましょう。


2.JPG

岡山城は宇喜多秀家が築城し「岡山」という丘の上に建っています。
それが岡山という地名の由来といいます。
本丸御殿を守る最も内側のお堀です。
石垣は当時の城郭の姿をとどめています。
おそらく野面積みだと思います。


3.JPG

目安橋を渡り本丸に迫ります。
この先の「内下馬門(うちげばもん)」の石垣には
藩の威光や大名の権力を示すため高さ4.1㍍、幅3.4㍍の巨石を
石垣に用いていますが不覚にも写真を撮り損ねていました。


4.JPG

入場してすぐの石垣、下の段です。
小早川秀秋が築き、池田利隆が大幅に改修した石垣で
徐々に勾配が強くなっています。
この上には敵を待ち受けるための城内最大の櫓である
三層の「大納戸櫓」が聳え建っていました。
この大手筋が正規の登城路なので石垣も高く警備も堅そうです。


5.JPG

歴史学者の磯田道史氏は備前岡山藩の支藩、備中鴨方藩重臣の家系で
先月のフォーラムでは岡山市長に「御殿の再建」を話されていましたが
私としては、ついでにこの「大納戸櫓」も再建して欲しいなぁ。
と、思っています。


6.JPG

仕切り塀と高石垣が続く大手筋を通り「供腰掛」に突き当たると
左手に中の段に登る石段があります。
この階段の踊り場にはかつて扉の表面に鉄板を貼った
「鉄門(くろがねもん)」があったそうです。


7.JPG

櫓付の不明門(あかずもん)が見えてきました。ここからが中の段です。
ここから先の最上段の本段は城主の私邸であり、普段は閉まっていたため
こんな名前がついたようです。

中の段には、藩政を司った表書院などがありましたが
中段から先は次回のご案内とさせていただきますね。


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

mami

日本国内・岡山特派員のmamiが現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/岡山特派員
名前:mami

mami

岡山生まれの岡山育ち。岡山市内在住の「おかやまっ子」です。鉄道好きの夫に連れられ県内外各地を歩くうち、カメラを手にするようになり、文章を書くことが好きなことも高じて2013年からは個人ブログ「つれづれ日記」をはじめました。地元民目線での岡山の四季折々の自然や人々の生活、そして美味しい情報をレポしていきたいと思っています。 DISQUS ID @disqus_LJ2QGvckC1

岡山特派員トップにもどる


岡山県に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

岡山特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 岡山特派員 > かつては国宝だった漆黒の城「岡山城」 ~後楽園界隈~

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について