× 閉じる

トップ > 日本 > 岡山特派員 > 歴史が息づく「岡山後楽園」の紅葉 ―後楽園界隈―

日本国内日本国内/岡山特派員ブログ

歴史が息づく「岡山後楽園」の紅葉 ―後楽園界隈―

カテゴリー:見所・観光・定番スポット 投稿日:2017年11月25日

1.jpg


11月も下旬になると紅葉前線も南下し
県庁所在地の岡山市内も紅葉に彩られてきました。

岡山駅からアクセスもよく
近くゆったりと紅葉を堪能できるのが岡山後楽園でしょう。
日本三名園のひとつで約300年前に
岡山潘主池田綱政が作らせた大名庭園です。


2.JPG

広い園内は芝生地や、池、築山、いくつもの亭舎があり
歩きながら移り変わる景色を楽しむことができます。

あいにくの雨にもかかわらず多くの観光客が訪れる
岡山の人気観光地のひとつです。
上の写真の築山は「唯心山」と呼ばれ山腹にある建物が唯心堂です。
この上からは園内が見渡せるので絶えず観光客が上っていきます。
ちなみにここからの眺めはミシュラン2つ星に選ばれ
世界が認めた(?)絶景といわれていますよ。


3.JPG

千入の森(ちしおのもり)にはモミジが100本近くありますが
錦に彩られ、まさに絶景です。

千入(ちしお)とは"幾度も染める"という意味だそうで
日ごと深まる紅葉の移ろいを表しています。

例年の見ごろは12月上旬までといわれているので
まだ間に合いますよ!


4.JPG

曲水に散るモミジ。
風情がありますね。


5.JPG

木々の間から"寒翠細響軒"を臨みます。

どこから撮っても絵になる庭園ですが
戦時中は空襲で園内の多くの建物が戦災に逢い
戦後は進駐軍の宿舎となり
園内には25㍍プールが作られていたとか!
今では想像しがたい光景ですね。


6.JPG

園内にはいくつかの石碑が建てられています。
その中のひとつ、この石碑は"津田永忠遺蹟之碑"といい
永忠は藩の基盤整備に尽力し藩の財政も安定した後
この後楽園を4年の月日をかけ作り上げた人物です


PA071227.JPG



現在後楽園では「秋の幻想庭園」が11月26日まで開催中です。
明日25日の土曜日は着物で来園されると入場料が無料になります。
岡山城でも「秋の烏城桃源郷」が開催中です。

詳しくはこちらへ ⇒ 



・住所:〒703-8257 岡山市北区後楽園1-5

・連絡先:TEL:086-272-1148

・営業時間:17:00~20:30(入園は20:00まで)

・最寄りの駅:岡山駅


PA255412.JPG


JR岡山駅からこのバスに乗れば後楽園へ直通です。
運がよければ「スカイビューバス」という屋根を透明にした
町の景観が楽しめるバスに乗り合わせることもあるでしょう。
先月から運行が始まったばかりで私もまだ姿を見たことがありません。


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

mami

日本国内・岡山特派員のmamiが現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/岡山特派員
名前:mami

mami

岡山生まれの岡山育ち。岡山市内在住の「おかやまっ子」です。鉄道好きの夫に連れられ県内外各地を歩くうち、カメラを手にするようになり、文章を書くことが好きなことも高じて2013年からは個人ブログ「つれづれ日記」をはじめました。地元民目線での岡山の四季折々の自然や人々の生活、そして美味しい情報をレポしていきたいと思っています。 DISQUS ID @disqus_LJ2QGvckC1

岡山特派員トップにもどる


岡山県に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

岡山特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 岡山特派員 > 歴史が息づく「岡山後楽園」の紅葉 ―後楽園界隈―