× 閉じる

トップ > 日本 > 岡山特派員 > キャンドル卓 渡邉邸 ―倉敷市美観地区―

日本国内日本国内/岡山特派員ブログ

キャンドル卓 渡邉邸 ―倉敷市美観地区―

カテゴリー:レストラン・料理・食材 投稿日:2017年11月17日


1.JPG

今日は倉敷でお気に入りのレストランをご紹介しましょう。

倉敷美観地区から大通りを1本隔て

車1台がやっと通れる住宅街の路地裏に

「キャンドル卓 渡邉邸」は佇んでいます。


2.JPG

お店は大正時代に建てられた蔵の中です。

ほの暗い蔵の中に入ると

キャンドルと紫陽花のディスプレィがお出迎え。

季節ごとにディスプレイは変わります。


5.JPG

二階のギャラリー&キャンドルショップへ続く

階段下に置かれたキャンドル。

グリーンとキャンドルの構成で、わが家でも真似ができそう!


7.JPG

ダイニングのシャンデリアです。

室内の照明はすべてキャンドルのみ!


2.JPG

マッシュルームのスープが運ばれてきました。

香辛料がプチッと口の中で弾けると

香りが広がり食欲がそそられます。


1.JPG

バジルパンのサーモンサンドとビーフサンド

それにサラダ。



この日のランチは「キャンドル卓」を貸し切りで行われた

セミナーでのランチです。


3.JPG

季節のデザートは

桃の赤ワイン煮とピオーネ。


4.JPG

グレープフルーツとベリーのゼリー。

自然な苦味と甘みで、とっても気に入りました。

大人のデザートですね~。

紅茶は銘柄を尋ねたほど美味しくてお代わりしちゃいました。


5.JPG

店内から見える坪庭の風景です。


6.JPG

お庭の見える廊下を渡って奥にある離れのお部屋です。

漆喰の壁、飴色の柱や梁といった

マテリアルやキャンドルはダイニングと同じなのに

象形文字(?)の額と

ダイナミックなアーティフィシャルフラワーがあるだけで

まったく異なった印象を受けます。


18.jpg

離れは、部屋全体が仄暗く

昼でもすべてのキャンドルが灯され

深い陰影が部屋全体に美しく広がり趣のある空間でした。



いつも、ランチやアフタヌーンティーばかりなので

夕日が傾き、夜のとばりが降りる頃 

揺れるキャンドルの灯りに包まれて

刻々と変わる空の色をワイン片手に楽しみたいです。


キャンドル卓 渡邊邸

・住所:倉敷市中央2丁目5−19
     
・連絡先: 086-435-3930
     
・営業時間:ランチ11:30-14:00 ディナー18:00-22:00 キャンドルショップ11:30-17:00

・休み:月曜日・火曜日(祝日・イベント開催時は除く)

・URL:https://www.candleworld.co.jp/watanabe/

・最寄りの駅:倉敷駅    

この場所をGoogleMapで確認する
前へ 記事一覧へ

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/岡山特派員
名前:mami

mami

岡山生まれの岡山育ち。岡山市内在住の「おかやまっ子」です。鉄道好きの夫に連れられ県内外各地を歩くうち、カメラを手にするようになり、文章を書くことが好きなことも高じて2013年からは個人ブログ「つれづれ日記」をはじめました。地元民目線での岡山の四季折々の自然や人々の生活、そして美味しい情報をレポしていきたいと思っています。 DISQUS ID @disqus_LJ2QGvckC1

岡山特派員トップにもどる


岡山県に泊まる

岡山県のホテルをチェック!

その他のエリアから探す

特派員募集中!

気軽に応募してみる

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

岡山特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 岡山特派員 > キャンドル卓 渡邉邸 ―倉敷市美観地区―