トップ > ヨーロッパ > ウクライナ > オデッサ特派員 > ロシア語と英語の書道学び!

ウクライナウクライナ/オデッサ特派員ブログ

ロシア語と英語の書道学び!

カテゴリー:文化・芸術・美術 投稿日:2018年7月13日

1月間の授業でロシア語と英語をフテベンや万年筆を使った綺麗な文字の書き方を学びました!2時間の授業を8回やりましたので沢山書くことができた以外に先生からもしっかりとした指導を受けられ、とても勉強になった1月でした。とても可愛い個室にあった教室はいろいろな手書きの絵で飾られ、パステルカラーが溢れた女の子らしい雰囲気にセットされておりました。生徒は少人数で最大5人まで。生徒が少ないため、先生からの指導をしっかり受けることができ勉強になりました!
group photo 2 blured.jpg group photo blur.jpg
IMG_5452.JPG
コースは全く書道の経験がない人用でしたので最初は万年筆を使って線を書く練習やカーブを描く練習をしました。基本ができたあとはまず英語のアルファベットから大文字を始め黒いインクで練習をしました。
0-02-05-1445f5d61966fda4bce61a9d20f91f05abe14ebe5292149fa6abf68e98c5d279_1d446e6b7a4.jpg
グラフ用の紙を使いましたので線が弾きやすかったです。万年筆での練習後は筆ペンで。筆ペンは万年筆より難しく手の力のいれ方に寄って線の太さが変わるのでその調整が難しかったです。特に面白かったのがロシア語のT とMの書き方が同じであったところ。微妙な違いの部分だけで違う文字になるとはと思いました。筆ペンで文字の練習が終わったあとは絵手紙を描き、ウォータカラーの使い方を学びました。
0-02-04-b9a52373229d7b2dd47186564e87ae14b47f82c51b953955d4021b5db3b5be6a_1d44d8c8da7.jpg 0-02-04-ae322405a11e8f0d5c6e11d4ef5cb4134cb41dfe574874fc5e4712ca11181376_1d44d8c8b49.jpg
私はロシア語を現在学んでいるのでロシア語の見積もりを探し、練習を。ウクライナ人の生徒は全員英語を書いておりました。最後の授業で選んだフレーズは「自分の価値を疑問に思うな」と
IMG_5449.JPG
「くさりは一番弱いところ以上に強くなれない」をロシア語で。
IMG_5454.jpg IMG_5453.JPG
自分の全く知らない国へ来て地元の住民のために様々なトレーニングやプロージェクトを回している私は特にウクライナに来てからこちらの表現を思うことが多くなったので書くことにしました。
授業は全てロシア語でしたので聞き取り練習にも快適でした。好きなことをやりながらのロシア語勉強でしたので言葉も覚えやすかったです。
授業最終日は前回書いた文章と修了書をもらい次回の授業の10割引券もいただきました!
家でも練習をして綺麗なロシア語が書けるよう頑張りたいと思います!
IMG_5456.JPG
書道以外にも様々なアート関係の授業がありますので通って見ようかと思います!

この場所をGoogleMapで確認する

http://www.sketchlab.com.ua/

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

丸山 まゆみ

ウクライナ・オデッサ特派員の丸山 まゆみが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ウクライナウクライナ/オデッサ特派員
名前:丸山 まゆみ

丸山 まゆみ

アメリカ生まれ育ちの日系人。日本とアメリカを往復しがら育った。7年間報道の業界で就職後日本とアメリカ以外の世界に興味をもち、ウクライナで3月にボランティア活動をし始める。現在、いろいろな都市を回り、テレビ制作や報道を様々な支援団体やウクライナの学生に教えている。新しいレストランや変わった観光スポットを発見するのが趣味。是非、日本のblog読者様に面白い情報をお送りさせていただきたいと思っております! DISQUS ID @disqus_wtkP5grfRV

オデッサ特派員トップにもどる

オデッサを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

オデッサ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ウクライナ > オデッサ特派員 > ロシア語と英語の書道学び!

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について