トップ > ヨーロッパ > ウクライナ > オデッサ特派員 > ウクライナの文化ツアー!衣装も着て昔へフラッシュバック!

ウクライナウクライナ/オデッサ特派員ブログ

ウクライナの文化ツアー!衣装も着て昔へフラッシュバック!

カテゴリー:文化・芸術・美術 投稿日:2018年6月28日

ウクライナの歴史を辿るツアーに参加しました。観光はまず博物館から始まり、昔一般的に切られていたウクライナの衣装、ビシャバンカの歴史を教わりました。博物館は冬用から夏用の衣装をマネキンに着させていた物を細かく説明をしていただき、そして当時の村の模型なども説明。日々の生活に使われていた道具なともあり、昔の写真を見ながらお話を聞くことができたのでとてもイメージが湧きました。
IMG_4568.JPG IMG_4571.JPG
博物館で説明を受けた後、またバスに乗り、都会から約1時間離れた村に向かいました。大きなオーソドックスの教会を拝見し、その後、近くの村の家へ到着。家は個人まりしていてとても可愛い雰囲気。沢山の花模様が建物の壁に塗られておりました!
IMG_4582.JPG
到着をした直後はもちろん、まずボッカで完売。村で作られた漬物と一緒に堪能。その後は家のツアーをし、昔のウクライナ人はどう生活をしていたのかを学びます。家はとても小さく、寝る部屋とキッチンだけ。ストーブは寝る部屋とキッチンの間にあり、料理用だけでなく、家を寒い冬の間温める役割もありました。

鍋なども日本であまり見られない変わった形をした物があり、ボルシュを作るのに快適だそうです。

説明後はお昼時間。ウクライナの伝統料理をいろんな風に楽しめました。もちろん、ボルシュがあり、そして漬物。ネギが乗った魚料理やチキンと人参の煮物など、基本できに油っぽくなくとても食べやすかったです。特に煮物料理は日本人に馴染みのあり味だと思いました。
IMG_0601 (1).JPG IMG_0602 (1).JPG
食事を堪能し、ボッカと大量に堪能した後は記念写真撮影タイム!昔なからのビシャバンカをスカーフから髪飾りまでセットしてくれます。ビシャバンカの異常は思ったよりコンプレックスで何枚もの服を重ねてきます。女性はまずロングドレスを着、その上にエープロンの形をしたスカートをウエーストに2枚ほど巻きます。ネックレスなど、アクセサリーをつけ、花かんむりかスカーフを頭に巻きます。衣装も花柄で盛り沢山でしたのでとても可愛く、おしゃれでした!
IMG_4588.jpg
小さな村のなかにあるウクライナの家で昔の衣装を着ながら外の自然を楽しんていると本当に過去へフラッシュバックをしたかのように感じました。とても面白い体験でした!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

丸山 まゆみ

ウクライナ・オデッサ特派員の丸山 まゆみが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ウクライナウクライナ/オデッサ特派員
名前:丸山 まゆみ

丸山 まゆみ

アメリカ生まれ育ちの日系人。日本とアメリカを往復しがら育った。7年間報道の業界で就職後日本とアメリカ以外の世界に興味をもち、ウクライナで3月にボランティア活動をし始める。現在、いろいろな都市を回り、テレビ制作や報道を様々な支援団体やウクライナの学生に教えている。新しいレストランや変わった観光スポットを発見するのが趣味。是非、日本のblog読者様に面白い情報をお送りさせていただきたいと思っております! DISQUS ID @disqus_wtkP5grfRV

オデッサ特派員トップにもどる

オデッサを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

オデッサ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ウクライナ > オデッサ特派員 > ウクライナの文化ツアー!衣装も着て昔へフラッシュバック!

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について