× 閉じる

トップ > 日本 > ニセコ・北海道特派員 > ジャガイモの収穫作業

日本国内日本国内/ニセコ・北海道特派員ブログ

ジャガイモの収穫作業

カテゴリー:生活・習慣・マナー 投稿日:2017年9月16日

 倶知安は「ジャガイモの町」と言われており、「男爵イモ」が全国的にも有名です。 この「男爵イモ」は明治時代にイギリスへ留学していた川田龍吉男爵が、イギリスから取り寄せて試験栽培を行い、その中で「アイリッシュコブラー」という品種が北海道の地に一番適しており、普及させることに努めたそうです。
 後にこのジャガイモは「男爵様が育てたイモ」から、農家が「男爵イモ」と名付けたと云われています。
 我々夫婦は、最近、農家の友人宅の「ジャガイモの収穫作業」を手伝っていますので、その作業風景をご紹介したいと思います。


  P1130839.JPGハ―ベスタ.JPG

  P1090198.JPGジャガイモの収穫.JPG イモ用ハーベスター

  昔はジャガイモを人の手で掘って収穫していたようですが、最近はこの巨大な「ハーベスター」を動かしていますので、ジャガイモの分別・収穫作業がとても効率的です。小さな石ころやジャガイモ、枯れた枝などはほとんど分別し、ジャガイモについた泥も剥がしながら集めることができます。

  P1090235.JPGジャガイモの収穫.JPG

  P9160122.JPG選別作業+2.jpg ジャガイモの分別作業

  しかし、最終的には人間の目で形の悪いものや陽に当たって緑色になったもの、腐りかけたものを除く必要がある為、ハーベスターには通常4人が乗り込むのです。

CIMG2424.JPGジャガイモの収穫3.JPG

        CIMG2440.JPGじゃがいも3.JPG

P9160042.JPGジャガイモの収穫+2.jpg
大型コンテナーに収納

   P1090252.JPGジャガイモの収穫.JPG

  分別されたジャガイモは大型コンテナーに集められて収納され、農協に運ばれて全国に運搬・販売されます。

  P9150742.JPGジャガイモの収穫+3.JPG

  CIMG2436.JPGハ―ベスター3.JPG

  倶知安町では「男爵」「キタアカリ」「トウヤ」「メークイン」など様々な種類のものが生産されていますが、それぞれの特徴を知っていろいろな料理に使われているようです。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

寅さん

日本国内・ニセコ・北海道特派員の寅さんが現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/ニセコ・北海道特派員
名前:寅さん

寅さん

10数年前に神奈川県からニセコに夫婦で移住。以来、ワイフと共に写真撮影、スキー、ゴルフ、コーラス、家庭菜園などを趣味として、田舎暮らしを愉しんでいます。ニセコは海外から訪れる人達も年々増加しています。羊蹄山麓やニセコ連峰を中心に、ニセコ地域の自然の移ろいや、人々との交流をご紹介できればと思っています。 DISQUS ID @disqus_nItAZzBWjM

ニセコ・北海道特派員トップにもどる

その他の北海道の特派員

北海道に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ニセコ・北海道特派員トップにもどる

トップ > 日本 > ニセコ・北海道特派員 > ジャガイモの収穫作業