トップ > 日本 > 新潟特派員 > 石油産業の歴史跡地~新潟市秋葉区・石油の里~

日本国内日本国内/新潟特派員ブログ

石油産業の歴史跡地~新潟市秋葉区・石油の里~

カテゴリー:文化・芸術・美術 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2018年5月31日

5月27日撮影。新潟県秋葉区、新津にある石油の里に行ってきました。


DSCN17548_NEW-1.jpg


石油の里公園(周辺)には、登山者の情報発信や休憩所とした里山ビジターセンターをはじめ、中野邸美術館や石油の世界観、堀出神社や白玉の滝など、歴史を感じたり自然が豊富な観光地となっています。


その中で里山ビジターセンターから繋がっている"石油文化遺産施設"を見てきました。


『石油産業遺産群』と呼ばれる付近では、金津油田の中心部であり採油・集油施設・加熱炉・石油タンクなどが集中して、中野興業株式会社の本社(事務所)があったとされ、明治末期~大正にかけて石油生産が盛んであったといいます。


歴史の変化により、平成8年まで動いていた丸泉石油興業株式会社が現在残っている施設。


これらの施設は平成19年、経済産業省により「近代化産業遺産群」に認定されました。


DSCN17547_NEW-1.jpg


"レンガでおおわれたタンク"。原油がパイプラインで矢代田駅や信濃川の船着き場まで油送された時代の名残。


加熱して流れやすい原油の、温度が下がらないようにタンクをレンガでおおわれたとされます。


DSCN17546_NEW-1.jpg


"水切りタンク"。先ほどのレンガタンクの隣(上写真はレンガタンク)。

集油タンク→水切タンクにおくられた原油を一日放置し、原油と水とに分離した「水」を取り除く作業が行われます。


金津の採油した原油は水が分離しにくい重質油とされ、くりかえし水切り作業が行われたそう。

最後に加熱炉に送られ、加熱により水が分離しやすくなった原油を水切作業し、純度の高い原油が出来ました。


DSCN17545_NEW-1.jpg


"加熱炉"。タンクで水切りされた原油を、さらに水切りするため約70度で加熱するもの。


加熱されて水が分離しやすくなった原油を、再度水切りタンクに移動して完全に水を除きます。


DSCN17550_NEW-1.jpg


"集油タンク"。水切タンクの前の工程で、集油所からポンプで送られてきた原油や石油井戸から、直接送られてくる原油を集めるタンクとなります。


この他にもまだいくつか見所もあり、石油井戸を動かす装置のポンピングパワーなどが解説板とともに野外展示されています。


近くの登山や県立植物園に行った際に、ぜひ立ち寄ってみてください。

 

【石油の里 石油産業遺産群(里山ビジターセンター)】


住所:新潟県新潟市秋葉区金津1193番地


開館時間:9:00~17:00


休館日:水曜日(祝日の場合翌日)・年末年始(5・11月は無休)


駐車場:約230台


関連リンク:新潟市公式HP-秋葉区石油の里公園

 

この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

fuji

日本国内・新潟特派員のfujiが現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/新潟特派員
名前:fuji

fuji

新潟県在住。相方さんと共に新潟県内(下越地方)を中心にお出かけ、愛用のコンデジで写真を撮り、「新潟のいいところ・ありのままの姿」を見てほしいとブログを始めました。運転する相方さんの隣で外の写真をパシャリ。新潟の四季折々をお伝えします。
米と海と山!にいがた(ブログ) DISQUS ID @disqus_NGRKcN7QRw

新潟特派員トップにもどる

その他の新潟県の特派員



新潟県に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

新潟特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 新潟特派員 > 石油産業の歴史跡地~新潟市秋葉区・石油の里~

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について