× 閉じる

トップ > 日本 > 新潟特派員 > 一面満開のチューリップ畑!新潟県五泉市一本杉*

日本国内日本国内/新潟特派員ブログ

一面満開のチューリップ畑!新潟県五泉市一本杉*

カテゴリー:イベント・行事・お祭り / 自然・風景 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2018年4月24日

4月22日撮影。新潟県五泉市一本杉にあるチューリップ畑に行ってきました。


DSCN16707_NEW-1.jpg


訪れるのは2回目ですが、今年も晴天の中、ちょうど見頃の時期に見ることができました。


早出川すぐそばの臨時河川敷駐車場に車を停め、チューリップ畑の会場まで徒歩で少し歩くと、遠目からでも色鮮やかなチューリップがバーッと一面広がっています。


日曜日の天気に恵まれた日、人もたくさん訪れて、こどもから高齢の方まで楽しそうにチューリップを見てまわっていました。


DSCN16720_NEW-1.jpg


今年で第31回を迎えたチューリップまつり。その数はなんと150万本!

県内有数のチューリップ産地である五泉市は『出荷するだけでなく、見て楽しんでもらおう』と生産者に依頼して、五泉市巣本地区の一ヵ所に集めてチューリップまつりを開催しています。


巣本地区は阿賀野川と早出川に挟まれた場所にあり、昔に川が氾濫したことで砂地の土壌になったため、チューリップの栽培に適しているとされるそうです。


DSCN16727_NEW-1.jpg


チューリップ畑を見ると「去年とすこし場所が違うな...?」と思いましたが、五泉市公式HPで調べると、チューリップは同じ畑で続けて栽培することはできない、ということらしいです。

土の中に病気が出るため、毎年すこしずつ場所を変えてチューリップまつりを開催しています。


最近では巣本地区・一本杉の数ヵ所を選び、5年ほどのサイクルで会場を変えているそう。


畑のチューリップは"球根を育てるため"に栽培されているチューリップ。

球根に栄養を蓄えるため、花が散る前に手で摘み取って球根を育ててから、6月末に収穫します。


会場でよく目にする"花摘み体験"などは、このためにもあるんですね。


DSCN16731_NEW-1.jpg


今年は一面の色鮮やかなチューリップ畑に加え、『にいがた産チューリップ品種展示場』も開催されています。

現在の生産品種・情報共有などを県民へと紹介し、球根の産業振興と普及推進を図ることを目的としています。


展示場のチューリップは生産者の出荷トップサイズを選んだ球根であり、「本ほ場の土壌では一切肥料を使っていない」という栽培方法で育てられた、球根の品質を直接見て感じられる展示となっています。


約340種ほどの品種に多彩な模様と色・形があって、これもチューリップ?と初めて見る品種もたくさんありました。

色々なチューリップが見られて、とても楽しめました!


DSCN16735_NEW-1.jpg


一本杉チューリップまつりの開催は今月末まで。

まだ行っていない方やお出かけ予定の方はぜひ、足を運んでみてください。


 

【五泉市一本杉・チューリップ畑】


住所:新潟県五泉市一本杉629番地付近


期間:4月14日(土)~4月30日(月・祝)


会場:五泉市巣本地区一本杉地内のチューリップ畑


(臨時)駐車場:あり


関連リンク:五泉市公式HP


 

この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

fuji

日本国内・新潟特派員のfujiが現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/新潟特派員
名前:fuji

fuji

新潟県在住。相方さんと共に新潟県内(下越地方)を中心にお出かけ、愛用のコンデジで写真を撮り、「新潟のいいところ・ありのままの姿」を見てほしいとブログを始めました。運転する相方さんの隣で外の写真をパシャリ。新潟の四季折々をお伝えします。
米と海と山!にいがた(ブログ) DISQUS ID @disqus_NGRKcN7QRw

新潟特派員トップにもどる

その他の新潟県の特派員



新潟県に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

新潟特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 新潟特派員 > 一面満開のチューリップ畑!新潟県五泉市一本杉*