トップ > 日本 > 奈良特派員 > 天岩戸の扉が立つ天之石立神社

日本国内日本国内/奈良特派員ブログ

天岩戸の扉が立つ天之石立神社

カテゴリー:見所・観光・定番スポット 投稿日:2019年3月14日

IMG_7449 (2).JPG

芳徳寺から再び駐車場の方に坂を降りていきますと、途中にあるY字路がありますので左に曲がります。そこから先はまた急な登り坂になりますが、とりあえず道は舗装されているので歩きやすい道だったのですが...昨年の台風のせいで、ここは現在通行できません(2019年2月末現在)ので一旦下の広い道まで出てから南下して、再度天岩立神社への看板から上ることにします。


IMG_7454 (2).JPG

木立の中を鳥のさえずりを聴きながら約10分ほど歩きますと、里を見晴らせる場所にでます。そしてこの先にありますのが、たくさんの巨石をご神体とする天之石立(あめのいわたて)神社です。


S__58572802 (2).jpg

こんな山の中に本当に扉のような岩が、地面に突き刺さるように立てられている姿は圧巻です。周囲に注連縄(しめなわ)を張って、この巨石たちが御神体として祀られています。

S__58572803.jpg

由緒書の、天岩戸にお隠れになった天照大御神を外に出すために手力男命(タヂカラヲノミコト)がこじ開けた岩戸の扉がここまで飛来してきたという話もピッタリすぎます。


IMG_7484 (2).JPG

足が取られそうな木の根道をさらに奥へ50mほど先にいきますと、一切の人工的な音のしない自然そのものの空間が広がります。


IMG_7466 (2).JPG

そしてそこには大きな亀がうずくまったような巨石があります。長さ 8m、幅7m、高さ2mもある花崗岩で、真ん中が見事なまでに斜め一直線に割れています。これには柳生新陰流を創始した柳生石舟斎が、天狗と試合をして、一刀のもとに切り捨てたところ、天狗は消えて石が割れて残っていたという伝説があり、通称一刀石(いっとうせき)と呼ばれています。


IMG_7498 (2).JPG

さて、さんざん歩き回りましたのでお腹がペコペコです。柳生の里に昔からあり、とても風景に馴染んでいる十兵衛食堂さんで看板メニューの「十兵衛うどん」をいただきました。


IMG_7502 (2).JPG
一見すると普通のうどんですが、いったいどこが十兵衛うどんなのか?これをご店主に尋ねてみました。

IMG_7500 (2).JPG

すりおろした山芋の下にある2つのシイタケが、柳生家のシンボルである二蓋笠(にがいがさ)の家紋を模しているだそうです。(けっこうマニアックでした(汗))このシイタケが効いているおかげか、出汁がとても美味しく素朴なお味がとても懐かしく感じ、大満足できました。


S__58572806 (2).jpg


落雷によって立ち枯れてしまった木が、逆に異彩を放ちながら立ち続けている十兵衛杉をはじめ、柳生の里はまだまだ他にも見どころがたくさん有りますので、どうぞ一日かけてじっくりとお出かけくださいませ。


 

観光福祉タクシーMIYABIWELCAB

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ
にほんブログ村


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

大向 雅

日本国内・奈良特派員の大向 雅が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

おすすめ記事

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/奈良特派員
名前:大向 雅

大向 雅

京都奈良観光散策 雅流塾の代表 観光ハイヤーの経験と知識をもとに2014年に独自の観光ガイドシステムを立ち上げフリーランスの観光コンシェルジュ“たっしー&たー坊”として活動中 古都奈良にある神社・仏閣や名所旧跡を通して 古代より現在まで先人たちから受け継ぎ育んできた歴史と文化を分かりやすく伝えていきたいと思います。 DISQUS ID @disqus_YaoRmxkTzr

奈良特派員トップにもどる


奈良県に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

奈良特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 奈良特派員 > 天岩戸の扉が立つ天之石立神社

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について