トップ > 日本 > 奈良特派員 > 金閣と銀閣が建ち並ぶ霊山寺

日本国内日本国内/奈良特派員ブログ

金閣と銀閣が建ち並ぶ霊山寺

カテゴリー:見所・観光・定番スポット 投稿日:2018年11月 8日

今回は奈良市の霊山寺(りょうせんじ)を紹介いたします。「れいざんじ」と読まずに「りょうせんじ」と読むのがいかにも仏教寺院らしい読み方ですね。


1.jpg


参道には大辯才天と書かれた扁額が掛った大きな鳥居があるので、一瞬入り口を間違えたのかと錯覚してしまいますが、参道の鳥居をくぐりますと、いわゆる「守り本尊」と呼ばれる仏像がずらりと立ち並んでいるので、一気にお寺の雰囲気が出ます。

DSC00486 (2).JPG

向かって右側の「子」を守護する千手観音菩薩から左側の「戌・亥」を守護する阿弥陀如来までの八体の仏像が並んでいますが、ちょっと新しすぎますね。


DSC01965 (3).JPG

少し歩いたところで見上げると、木立の中に何やら変わったものが建っています。何となく天体観測の施設のようにも見えますが、こちらはれっきとしたお堂なのです。

DSC00458 (2).JPG
少し写真だと分かりにくいかも知れませんが、こちらは大辯才天(だいべんざいてん)が祀られている、金箔貼りの黄金殿。


DSC00459 (2).JPG
そして王龍神(おうりゅうじん)を祀る銀色に輝く白金殿...つまり銀ではなくプラチナ箔貼りのお堂なのです。本当の銀箔ならば酸化して真っ黒になってしまうのだそうです。

DSC00463 (3).JPG

両方ともに宝形造の屋根が付いたお堂ですが、厳重なアクリル製のケースに守られていますので、めちゃくちゃ写真が撮りにくいのが悩み...。

このお寺はいったい何なの?どう見ても成金趣味の嘘くさい雰囲気が漂ってきて、いかにもお金儲け目的のお寺みたいな感じが漂っていますが、ここからが地方のインチキ寺とは違うところ♪


DSC00464 (2).JPG

目の前に現れたのはこちらの本堂。鎌倉時代の建築で、国宝に指定されていますし、ご本尊の薬師三尊像は平安時代の作で、すべて重要文化財に指定されています。周りを取り囲むように立つ十二神将や四天王も小さな像ではありますが躍動感にあふれた素晴らしいお像ばかりです。

DSC01969 (2).JPG

霊山寺の境内は、この本堂からまだ1Km先にある奥ノ院まで続く広大なもので、続きはまた次回に。

この場所をGoogleMapで確認する

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

大向 雅

日本国内・奈良特派員の大向 雅が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/奈良特派員
名前:大向 雅

大向 雅

京都奈良観光散策 雅流塾の代表 観光ハイヤーの経験と知識をもとに2014年に独自の観光ガイドシステムを立ち上げフリーランスの観光コンシェルジュ“たっしー&たー坊”として活動中 古都奈良にある神社・仏閣や名所旧跡を通して 古代より現在まで先人たちから受け継ぎ育んできた歴史と文化を分かりやすく伝えていきたいと思います。 DISQUS ID @disqus_YaoRmxkTzr

奈良特派員トップにもどる


奈良県に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

奈良特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 奈良特派員 > 金閣と銀閣が建ち並ぶ霊山寺

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について