トップ > 日本 > 奈良特派員 > 奈良の夏といえば燈花会

日本国内日本国内/奈良特派員ブログ

奈良の夏といえば燈花会

カテゴリー:イベント・行事・お祭り 投稿日:2018年8月 6日

奈良の夏の風物詩といえば...

201502032 (2).jpg

かつてはお盆の行事でもある8月14、15日の春日大社の万燈籠(まんどうろう)と、8月15日の大文字の送り火と、相場が決まっていました。

DSC03544 (2).JPG

しかし最近とても人気があるのが1999年に誕生して以来、今年で20回目を迎える「なら燈花会(とうかえ)」です。

DSC03500 (2).JPG

奈良国際フォーラムがある春日野園地を中心に、東大寺、興福寺、春日大社といった世界文化遺産のエリアがローソクで照らしだされ、広大な奈良の緑と歴史の中に幽玄なろうそくの花が咲くということから名づけられました。「燈花」とは、灯心の先にできる花の形のかたまりのことで、これができると縁起が良いと言われているそうです。

ここ数年私も毎年行ってますが、昨年は人混みが予想される8月13日に行ってきました。

DSC07536 (2).JPG


わざわざこの日を選んだのは、燈花会のローソク点灯が始まる19時に合わせて、なんと東大寺大仏殿が無料開放されるからです

DSC07539 (2).JPG


東大寺では毎年お盆の8月13・14日と大晦日の12月31日の夜に、初詣のために無料で拝観させて頂けます。さすが太っ腹ですね(´▽`)

DSC07532 (2).JPG

通常は閉まっている観相窓から、大仏様のお顔を拝することもできるのも嬉しいです。こうして見ると、あらためてその大きさが分かりますよね。


DSC03534 (2).JPG

このローソクは協力金500円を払えば、一定のエリア内で自分の好きな場所に置いてかまわないので、皆さまさまざまな思いを込めて置かれています。

DSC07570 (2).JPG


午後8時ころになってようやく涼しくなってきます(笑)奈良の夏は半端なく暑いですからお気をつけて。


DSC03552 (2).JPG


夏のイベントとしては海水浴や花火大会のように皆でワイワイ騒ぐのも楽しいですが、このような厳かな気持ちで参加するイベントは、じつに奈良っぽいですよね。

奈良を訪れた人々が幸せになりますように。


開催期間は8月5日より14日まで

詳しくはなら燈花会の公式HP にて

この場所をGoogleMapで確認する

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

大向 雅

日本国内・奈良特派員の大向 雅が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/奈良特派員
名前:大向 雅

大向 雅

京都奈良観光散策 雅流塾の代表 観光ハイヤーの経験と知識をもとに2014年に独自の観光ガイドシステムを立ち上げフリーランスの観光コンシェルジュ“たっしー&たー坊”として活動中 古都奈良にある神社・仏閣や名所旧跡を通して 古代より現在まで先人たちから受け継ぎ育んできた歴史と文化を分かりやすく伝えていきたいと思います。 DISQUS ID @disqus_YaoRmxkTzr

奈良特派員トップにもどる


奈良県に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

奈良特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 奈良特派員 > 奈良の夏といえば燈花会

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について