トップ > 日本 > 奈良特派員 > 飛鳥美人が微笑む高松塚古墳

日本国内日本国内/奈良特派員ブログ

飛鳥美人が微笑む高松塚古墳

カテゴリー:見所・観光・定番スポット 投稿日:2018年7月 5日

DSC02186 (2).JPG

石舞台古墳と同じくらい全国的に知名度があるのが高松塚(たかまつづか)古墳です。


DSC09868 (2).JPG

昭和48年、明日香村で行われていた発掘調査によって、それまでの古墳では見られなかった鮮やかな色彩の壁画が残る石室が発見されました。とても有名な女子群像や男子群像、北壁には玄武、東壁に青龍、西壁に白虎が、そして天井には星宿図とよばれる天文図がそれぞれ描かれています。


残念ながら南側の壁が破壊されていたので、綺麗には残っていませんが当然ながら四神の朱雀が描かれていました。

DSC02164 (2).JPG


この壁画は飛鳥時代の人々の様子が描かれた貴重な資料として、国宝にも指定されたことで大切に保管されてきたはずでしたが...近年その保存環境が悪く壁画の劣化が進んでしまい、石室を解体して古墳から取り出して壁画を修復して保存することとなってしまいました。

そして現在は奈良文化財研究所の施設でゆっくりと時間をかけてクリーニング中です。


4f6ba255-s (2).jpg

普段は関係者以外は立ち入り禁止の場所ですが、ガラス越しだけど間近でこの本物の壁画を見る機会をいただきましたのでご紹介。


この中の気温は21度ほどで滅菌消毒した人たちが、修復のためのクリーニング作業をされていますが、なにぶん緻密な作業なので本当に大変そうです。

201502172 (2).jpg


高松塚古墳の墳丘の横には壁画館というものがあり、発掘当初の古墳の内部を忠実に再現してくれています。これには二種類ありまして、この古墳が造られたころの彩色を復元した壁画と、やや劣化が進んだ現在の状態の壁画とが展示されていてとても興味深い仕上がりですから古墳好きにはたまらないかもしれませんね。

DSC02189 (2).JPG


本当なら墳丘の中に安らかに眠っていたはずなのに、調査研究と保存のためとはいえ1300年を経てから外の世界に追い出されることになろうとは、夢にも思っていなかった壁画たちが綺麗になって再び永い眠りにつける日が来ることを切に望みます。

この場所をGoogleMapで確認する

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

大向 雅

日本国内・奈良特派員の大向 雅が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/奈良特派員
名前:大向 雅

大向 雅

京都奈良観光散策 雅流塾の代表 観光ハイヤーの経験と知識をもとに2014年に独自の観光ガイドシステムを立ち上げフリーランスの観光コンシェルジュ“たっしー&たー坊”として活動中 古都奈良にある神社・仏閣や名所旧跡を通して 古代より現在まで先人たちから受け継ぎ育んできた歴史と文化を分かりやすく伝えていきたいと思います。 DISQUS ID @disqus_YaoRmxkTzr

奈良特派員トップにもどる


奈良県に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

奈良特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 奈良特派員 > 飛鳥美人が微笑む高松塚古墳

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について