トップ > 日本 > 奈良特派員 > 薬師寺・玄奘三蔵院伽藍

日本国内日本国内/奈良特派員ブログ

薬師寺・玄奘三蔵院伽藍

カテゴリー:見所・観光・定番スポット 投稿日:2018年1月11日

IMG_8960 (2).JPG
薬師寺の境内はとにかく広く、大講堂を北へ抜けて道をはさんだ北側には、1991年に造営された玄奘三蔵院伽藍(げんじょうさんぞういんがらん)というエリアが広がっています。

IMG_8958 (2).JPG
西遊記でおなじみの三蔵法師のモデルでもある玄奘(げんじょう)は、7世紀に活躍された中国の僧侶です。仏教の本場インドで17年も学ばれ、帰国してからは経典をサンスクリット語から漢字に翻訳することに専念されました。

DSC02261 (3).JPG
玄奘三蔵の最も究めたかった事は、「瑜伽唯識(ゆがゆいしき)」という教えで、その教えの流れを継承している宗派こそが、法相宗(ほっそうしゅう)です。そしてその法相宗の大本山がここ薬師寺と奈良の興福寺になります。


瑜伽唯識というのは分かりやすく言えば、世の中にあるモノは、すべて心が認識することによって存在しているという考え方です。たとえば目の前に信号機があっても、よそ見をしていて信号機に気づかなければ、その信号機は存在していないのも同然である。つまりそこにあることを認識した人にはじめて存在することになるという少々哲学的な考え方です。本来はこれを体得するために瑜伽(=ヨーガ)を実践する必要があったようですが、日本では理論を学ばれています。


不東(ふとう)の扁額は、「西のインドに到達しなければ決して東の唐へは帰るまい」という玄奘の強い決意を示したものです。

DSC09712 (2).JPG
玄奘塔には、玄奘三蔵の木造が安置され、中国で見つかった遺骨の一部も祀られています。


そして塔の北側の大唐西域壁画殿には故・平山郁夫(ひらやまいくお)画伯による、玄奘三蔵が唐から天竺まで旅をされたシルクロードをたどる、壮大なスケールで描かれた大唐西域壁画が展示されており一見の価値がありますので、ぜひともご覧いただきたいと思います。


ただしこれら玄奘三蔵院伽藍につきましては1月1日~1月15日、3月1日~6月30日、8月13日~8月15日、9月16日~11月30日と公開の期間が決まっています。行事などで変更があるかもしれませんので、あらかじめ薬師寺のホームページなどで確認されることをおすすめ致します。

IMG_8976 (2).JPG
そしてもう一つ重要な場所が東院堂です。金堂や塔が建つ白鳳伽藍の中でやや隠れた存在の東院堂は、奈良時代に左大臣として活躍された長屋王(ながやおう)の妻である吉備内親王(きびないしんのう)が、母親である元明(げんめい)天皇の冥福を祈って建立されました。オリジナルは平安時代に焼失してしまいましたので、現存しているのは鎌倉時代後期の1285年に再建されたものです。

DSC01280 (3).JPG
こちらにも金堂の薬師三尊像と同じく白鳳仏を代表する国宝・聖観世音菩薩(写真はイメージです)が祀られており、その美しいお姿をいつでも拝めますのでどうぞお見逃しのないように。

この場所をGoogleMapで確認する

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

大向 雅

日本国内・奈良特派員の大向 雅が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/奈良特派員
名前:大向 雅

大向 雅

京都奈良観光散策 雅流塾の代表 観光ハイヤーの経験と知識をもとに2014年に独自の観光ガイドシステムを立ち上げフリーランスの観光コンシェルジュ“たっしー&たー坊”として活動中 古都奈良にある神社・仏閣や名所旧跡を通して 古代より現在まで先人たちから受け継ぎ育んできた歴史と文化を分かりやすく伝えていきたいと思います。 DISQUS ID @disqus_YaoRmxkTzr

奈良特派員トップにもどる


奈良県に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

奈良特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 奈良特派員 > 薬師寺・玄奘三蔵院伽藍

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について