× 閉じる

トップ > 日本 > 奈良特派員 > 軒先の身代わり猿たち

日本国内日本国内/奈良特派員ブログ

軒先の身代わり猿たち

カテゴリー:見所・観光・定番スポット 投稿日:2017年12月 7日

DSC00494.JPG
元興寺を後にして、少しならまちの中を散策しましょう。昔ながらの家が立ち並ぶ通りのあちらこちらで軒先に吊るされた身代わり猿が目につきます。これは自分たちの身代わりとなって厄災から守ってくれるおまじないです。

DSC00500.JPG
今回はこの身代わり猿のことについて解説いたします。

DSC00502.JPG
奈良や京都には庚申(こうしん)さんと呼ばれて親しまれているお堂があり、青面金剛(しょうめんこんごう)という像がお祀りされています。青面金剛はインド仏教由来の尊像ではなく、中国の道教思想からのもので、日本の民間信仰のひとつである庚申信仰の御本尊ですから、あまり馴染みがない方もおられると思います。


かつて、疫病が流行して人々が苦しんでいたとき元興寺の僧が仏に祈っていると1月7日、青面金剛が現れ「汝の至誠に感じ、悪病を払ってやる」と告げて消え去り、まもなく疫病が治まったことが始まりと云われています。


この日が十干十二支の庚申年(かのえさる)の庚申日であったので、それ以来人々は青面金剛象を祀り、庚申さんとして親しんでいる。


道教の教えでは、60日に一度の庚申の日に眠っていると三尸(さんし)という虫が体内から出てきて、天帝にその人間の罪悪を告げに行き、その罪状によって寿命を縮めると云われており、庚申の日の夜には寝ずに過ごすということが平安貴族の間で始まったそうですが、近世にはご近所の庚申講の人々が集まって夜通し酒宴を行うという風習が民間にも広まったとも云われています。

DSC00496.JPG
そして猿が仲間と毛づくろいしている姿が、三尸の虫を捕って食べている格好に見えるので恐れをなして逃げてしまうということから、いつも家の軒先に猿を吊すことで悪病や災難が近寄らないようにするというのが一般的な解釈ですが、これには諸説あります。


例を挙げますと

DSC00501.JPG
猿は人間に最も近いとされていますが、理性がなく本能(欲望)のおもむくままに行動するので、人間も放っておくと欲望のままに行動しそうになるといいます。そこで人間の身代わりに猿をくくりつけることで、人間のなかにある邪欲が動き出さないようにと念じたのが身代わり猿(くくり猿)だという説。


また古来から、赤は僻邪(ヘキジャ)の色とされ厄除けに験があるとされてきたことと、猿は厄を"去る"との語呂合わせから縁起の良い動物とされ、災厄を除いてくれる神の使いとされているという説などもあります。

DSC00497.JPG
こちらの奈良町資料館では、大小さまざまな身代わり猿を販売されていますので、ぜひ家のお土産にしていただければと思います。

この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

大向 雅

日本国内・奈良特派員の大向 雅が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/奈良特派員
名前:大向 雅

大向 雅

京都奈良観光散策 雅流塾の代表 観光ハイヤーの経験と知識をもとに2014年に独自の観光ガイドシステムを立ち上げフリーランスの観光コンシェルジュ“たっしー&たー坊”として活動中 古都奈良にある神社・仏閣や名所旧跡を通して 古代より現在まで先人たちから受け継ぎ育んできた歴史と文化を分かりやすく伝えていきたいと思います。 DISQUS ID @disqus_YaoRmxkTzr

奈良特派員トップにもどる


奈良県に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

奈良特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 奈良特派員 > 軒先の身代わり猿たち