× 閉じる

トップ > 日本 > 奈良特派員 > 東大寺の中門と戒壇堂

日本国内日本国内/奈良特派員ブログ

東大寺の中門と戒壇堂

カテゴリー:見所・観光・定番スポット 投稿日:2017年10月12日

DSC02789.JPG
南大門をくぐり抜けて正面突き当りに建っている楼門は、1716年頃に再建された東大寺の中門です。

DSC02796.JPG
回廊が伸びた先に大仏殿の入堂口があるために、中門に注目される方は少ないのですが、ここには四天王のうちの二天像が門番として睨みをきかせて立っておられます。

DSC02794.JPG
四天王というのは本来インドの神々でしたが、仏教に取り入れられたときに御本尊の祀られた須弥壇の四隅に配され東西南北を守護するようになりました。

一般的には東を守護する持国天、南を守護する増長天、西を守護する広目天、北を守護する多聞天(=毘沙門天)で構成されていますが、時にはこのように二天だけで門の番人として立たれているのもけっして珍しいことではありません。

ただし、この門で注目して頂きたいのは向って右には兜跋毘沙門天(とばつ びしゃもんてん)という珍しいお像がおられることです。兜跋というのは現在の中国の新疆ウイグル地区あたりのトゥルファンという地名のことを指し、かつてこのお姿の毘沙門天が出現されて苦しむ民衆を救ったという説話によるものです。

DSC02792.JPG
一般的にはかなり強面の毘沙門天像ですが、兜跋毘沙門天の像容は少々違っていて、体系はスリムで冠をかぶり、目を大きく見開き、左手に宝塔、右手には鉾を持ち、金鎖甲(きんさこう)という、鎖を編んで作られた甲冑(かっちゅう)を着ておられます。
DSC02793.JPG
そしてもう一つ、四天王のように足元で邪鬼を踏みつけるのではなく、左右に尼藍婆(にらんば)・毘藍婆(びらんば)を従えた大地神である地天女(ちてんにょ)の手に支えられて立っておられるのが大きな特徴です。

DSC02800.JPG
さて、回廊に沿って行けば入堂口があるのですが、その前を通り過ぎて鹿たちが歩く芝生の間にある道路を進んでいくと、いっぺんに観光客が少なくなり奈良らしい空気に包まれます。

DSC03897.JPG
少し歩いた先に出てくる石段の上に建っているのが戒壇堂です。戒壇(かいだん)というのは、正式な僧侶になるため戒律を授かる、いわゆる受戒の儀式を行う場所のことです。

DSC03895.JPG
奈良時代に受戒の師として唐から招かれた鑑真和上が、聖武上皇や孝謙天皇に受戒をされた翌年の755年に創建されました。現在のお堂は江戸時代の1732年に再建されたものですが、場所は創建期そのままだそうです。

DSC03892.JPG
靴を脱いで堂内に入ると、中心に置かれた多宝塔を守るように四隅に四天王像が安置され、ちょっと他のお寺では味わえない凛とした空気が張り詰めています。日本に数ある中でも戒壇堂の四天王像は、塑像(そぞう)という天平時代独特の技法で造られている事もありますが、外敵に向けられたその厳しい眼差しが本当に胸に突き刺さるような錯覚を覚えるほどリアルで迫力があります。

残念ながら写真撮影が禁止されているのでその迫力はお伝えできませんが、堂内の空気感をどうぞご自分の肌で確かめに来て頂きたいと思います。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

大向 雅

日本国内・奈良特派員の大向 雅が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/奈良特派員
名前:大向 雅

大向 雅

京都奈良観光散策 雅流塾の代表 観光ハイヤーの経験と知識をもとに2014年に独自の観光ガイドシステムを立ち上げフリーランスの観光コンシェルジュ“たっしー&たー坊”として活動中 古都奈良にある神社・仏閣や名所旧跡を通して 古代より現在まで先人たちから受け継ぎ育んできた歴史と文化を分かりやすく伝えていきたいと思います。 DISQUS ID @disqus_YaoRmxkTzr

奈良特派員トップにもどる


奈良県に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

奈良特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 奈良特派員 > 東大寺の中門と戒壇堂