トップ > 日本 > 名古屋・愛知特派員 > 今や全国にその名を知られる「味仙」(名古屋市千種区)の激辛台湾ラーメン!

日本国内日本国内/名古屋・愛知特派員ブログ

今や全国にその名を知られる「味仙」(名古屋市千種区)の激辛台湾ラーメン!

カテゴリー:レストラン・料理・食材 投稿日:2018年7月 7日

 こんにちは。「地球の歩き方」名古屋・愛知特派員ブログ担当のhossieです。
 先日、東京からお客さんが来た際に、「折角ですから名古屋飯でも食べに行きませんか?」とお誘いしたところ、「そうですねぇ、ひつまぶしもきしめんも食べましたし、味噌煮込みうどんも食べたので、他に何かお薦めの名古屋めしはありますか?」と逆に質問を受けてしまいました。
 ならばと言うことで、「味仙に行かれたことは有りますか?」と尋ねたところ、「そう、それこの間テレビで見て行きたいと思っていたんです!」と言うことで話が盛り上がり、早速訪問してみることにしました。
 
●味仙今池本店です。画質が悪く申し訳ありません。
misen01-260328.jpg
 
 味仙と言えば、やはり台湾ラーメンです。ご存知ない方がいらっしゃるかもしれませんので、台湾ラーメンについて簡単に解説をしたいと思います。
 台湾ラーメンは名古屋で生まれ、主にこのエリアだけで食されている、所謂ご当地ラーメンです。最近はテレビの全国放送で取り上げられることも多くなり、知名度が上がって来ました。
 麺の上に炒めたひき肉とニラがどっさり乗り、スープは鶏ガラ。そして、たっぷりの唐辛子。店によって差は多少あるものの、これが台湾ラーメンの標準的なスタイルです。そしてその台湾ラーメン発祥のお店が、味仙さんなのです。
 
●名古屋のご当地ラーメンの台湾ラーメン
IMG_20180704_185129.jpg
 
 台湾ラーメンを開発した同店の主人が台湾の出身であったため、台湾ラーメンと命名されたものです(ちなみに台湾には似た麺はあるものの、同一の激辛ラーメンは存在しないようです)。
 元々は賄いとして作られ、その後一部のお客さんの間だけで愛されいたこの麺が、激辛ブームに沸いた1990年頃から急速に広まって行きました。
 台湾ラーメン、かなり辛いです。それもしびれるような辛さなので、最初から台湾ラーメンを頼むとその他の料理の味が分からなくなるため、私は最後の締めとして台湾ラーメンを注文しています。
 
●その他のメニューも美味しいです。画像は青菜炒めです。
misen07-260328.jpg
 
●酢豚も美味です。
misen10-260328.jpg
 
 辛いのは苦手だけれども、食べてみたいと言う方は、裏メニューに辛さ控えめのアメリカンと言うのがありますので、そちらを頼んでみても良いかもしれません。また、締めの締めの杏仁豆腐もお薦めです。
 
【お店の情報】
味仙今池本店
住所:愛知県名古屋市千種区今池1-12-10
電話:052-733-7670
営業時間:PM5:30~AM2:00(ラストオーダーAM1:30)
定休日:年中無休(※ 12/31、1/1は除く)
価格:台湾ラーメン630円
駐車場:有(8台)
ホームページ:http://www.misen.ne.jp/
関連サイト1:名古屋グルメ美味しいお店INDEX
関連サイト2:おススメ名古屋めし掲示板
 

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

hossie

日本国内・名古屋・愛知特派員のhossieが現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/名古屋・愛知特派員
名前:hossie

hossie

名古屋に住む窓際サラリーマンです。かつて九州に10年(福岡3年、熊本5年、宮崎2年)勤務していた時に美味しい物に目覚めてしまい、お店探しに奔走しました。今住んでいる名古屋でも日々美味しお店を探して彷徨っています。名古屋に訪れて下さった方に満足していただけるような情報(グルメ情報や名所旧跡など)を全力でご紹介したいと思いますので、参考にしていただければ幸いです。 DISQUS ID @disqus_06hx6BG2FP

名古屋・愛知特派員トップにもどる


愛知県に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

名古屋・愛知特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 名古屋・愛知特派員 > 今や全国にその名を知られる「味仙」(名古屋市千種区)の激辛台湾ラーメン!

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について