× 閉じる

トップ > ヨーロッパ > ドイツ > ミュンヘン2特派員 > アドベントというステキな習慣

ドイツドイツ/ミュンヘン2特派員ブログ

アドベントというステキな習慣

カテゴリー:イベント・行事・お祭り 投稿日:2017年11月22日

11月になると、スーパーやお店は突然クリスマス関連の物が目立つようになります。


DSC_1781.JPG


日本でクリスマスと言えば、12月24日と25日ですよね?


ドイツでは、『アドベント』と呼ばれる、約1ヵ月間の期間を経て、クリスマス当日を迎えます。


・アドベントとは?

アドベント (Advent) は、キリスト教西方教会において、イエス・キリストの降誕を待ち望む期間のことである。(Wikipedia より抜粋)


・どんな習慣があるかといいますと。

まず、アドベントには、ロウソクを4本用意し、第1アドベントに1本目のろうそくに火をともし、その後、第2、第3、第4と週を追うごとに火をともすろうそくを増やしていくという習慣があります。ロウソクを立てるクリスマスリースをドイツ語でアドベントクランツと呼びます。クランツは、冠、王冠という意味。アドベントクランツは、必ずしも輪っかの形ではなく、横長のこともあります。旅行中に、一般家庭のアドベントクランツを見ることはないでしょうが、お店やホテルで探してみて下さいね。今年は手作りしてみようかな?


子供が楽しみにしているのは、なんといってもアドベントカレンダーです。子供のみならず大人も。


DSC_1775.JPG


DSC_1779.JPG


形は様々ですが、1-24もしくは25までの日付の窓やポケットがついていまして、その日の窓やポケットを開くと、イラストが現れたり、お菓子やおもちゃが入れてあります。これを1日ずつ開けていくのが毎日の楽しみ。

DSC_1777.JPG


DSC_1780.JPG

お土産におススメ。わたしは日本に住む姪っ子や弟に送っています。


日本でも人気のシュトレンも、アドベントごとに薄く切って食べるのが伝統的な食べ方。わたしはほぼ毎年シュトレンを手作りしていますが、ドイツ人でシュトレンを家庭で焼く人は少ないそうです。代わりに、何種類ものクッキーを焼くのが、ドイツ人主婦の義務だとか。

今年の第一アドベントは、12月3日(日)。もうすぐそこまで来ています。


ドイツで迎えるクリスマスも6回目。少しずつ近づいてくるクリスマスを楽しみにするこのアドベントという習慣が、とっても素敵だと思うようになったわたしです。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

トモリス

ドイツ・ミュンヘン2特派員のトモリスが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ドイツドイツ/ミュンヘン2特派員
名前:トモリス

トモリス

はじめまして。日本人の夫を持つ2才と5才の男の子ママです。2012年に、夫の海外赴任に伴いドイツ・ミュンヘンに引っ越してきました。生後4か月だった長男を抱えての新しい生活は、想像以上に過酷なスタートでしたが、簡単なドイツ語を覚え、6年目となった今ではそうそう普段の生活で困る事もそうそう無く割と平和に過ごしています。それでもびっくりさせられることがまだまだあるドイツ(苦笑)期間限定のドイツ生活もあと1年少し。特派員をやらせていただくことになり、旅行者の目線で観察してみたミュンヘンをお届けしたいと思います。趣味がお菓子作りなので甘い記事が多くなるかも?個人で書いているブログ「ミュンヘン発 わたしのお菓子な毎日」はこちらDISQUS ID @disqus_yKOBo3bdgp

ミュンヘン2特派員トップにもどる

その他のドイツの特派員

ミュンヘンを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ミュンヘン2特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ドイツ > ミュンヘン2特派員 > アドベントというステキな習慣