× 閉じる

トップ > アフリカ > 南アフリカ > エムセレニ特派員 > 湿地帯に囲まれているベラブーシ地方

南アフリカ南アフリカ/エムセレニ特派員ブログ

湿地帯に囲まれているベラブーシ地方

カテゴリー:文化・芸術・美術 / 自然・風景 投稿日:2017年2月21日

今日も引き続き、ベラブーシ地方について紹介します


photo1.jpg


ベラブーシ地方には、かなり大きな湿地帯に囲まれています。
写真は一見、ただの草原に見えますが、実はこれは湿地帯です。
大昔は普通の湿地でしたが、長い年月を経て、草木が育ち、枯れて腐葉土になることを繰り返し、
今では地下2メートルくらいまで掘ると水がでてくる状態らしいです。


photo2.jpg

これが、足場の写真です。どれくらい草木が生い茂っているかがわかると思います。
まだ茂みが深い場所ではなかったのですが、すでに大人の腰の高さくらいまで草が茂っています。
2メートルくらい下に水があるとは思えないほど、足元はしっかりしています。
植物の根っこが地面をしっかりしたものにしています。


photo3.jpg


こちらは、地下水の水位を確かめるためのパイプです(蓋をはずした状態)。
ちょうど、水位の調査に立ち会うことがあったので、測定するところも見ることができました。
このパイプに専用の機材を入れることで水位を測ります。
この機材は、水に触れるとブザーがなるもので、ゆっくりおろしていき、今回は1.7mのところで音がなりました。


photo4.jpg


これは、新しい湿地の水位測定地点を作っている様子です。
ワカサギ釣りのような感覚で、地面に穴を掘り、水が出た時点でパイプを指します。
ちょっと乾燥した土地だったので、50センチほど掘ったあと、硬い地層?にあたったため、途中であきらめました。


photo5.jpg


これは、昔、湿地だった場所です。火事があり、あたり一面が燃えてしまったため、真っ黒になっています。
こうなってしまうと、湿地としての水をキープする機能がなくなり、単なる炭化した土地となります。
火を消す手段がなく、雨が降るまで放置するしかたかったため、このようなことになってしまったと聞きました。
写真の手前の緑は、まだ湿地として生きている場所です。その中間の白ところは、
湿地の水分が炭化した土地に座れて、ドライになっている場所です。


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

ドアトゥドア

南アフリカ・エムセレニ特派員のドアトゥドアが現地からアフリカ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

南アフリカ南アフリカ/エムセレニ特派員
名前:ドアトゥドア

ドアトゥドア

南アフリカのエムセレニでクリエータとして活動しています。 限られた物資でいかによいものが作れるか、挑戦に満ちた毎日です。 見た方が感動し、同じものを作りたいので作り方を教えてと頼まれたのが一番うれしい瞬間です。

エムセレニ特派員トップにもどる

その他の南アフリカの特派員

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

エムセレニ特派員トップにもどる

トップ > アフリカ > 南アフリカ > エムセレニ特派員 > 湿地帯に囲まれているベラブーシ地方