トップ > 北米 > カナダ > モントリオール特派員 > 憧れのプリンスエドワード島へ!(Part.1)

カナダカナダ/モントリオール特派員ブログ

憧れのプリンスエドワード島へ!(Part.1)

カテゴリー:ショッピング・雑貨・お土産 / 交通・鉄道・航空 / 旅行・ツアー・ホテル / 自然・風景 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2017年7月 9日

PE_0.jpg

こんにちは。


唐突ですが、、カナダに来て3年。
いつかは行ってみたいと思っていた
プリンスエドワード島へ、先日
ついに足を踏み入れました(>_<)!


プリンスエドワード島と言えば、
日本では『赤毛のアン』ですよね^^
アン関連の施設は、また後ほどの
記事をご覧いただければ:-)


実は個人的には、赤毛のアンは
1巻しか読んだことがなく、、
その記憶も結構曖昧でして。。


ただ、幼い頃にこの島の風景写真に
魅了され、以来ずっと憧れてきました。
今回は風景撮影を目的として訪れた
ので、写真にご興味のある方は
下記リンクからご覧ください^^


★写真にご興味ある方へこちらへ★


また、今回は諸事情で1人旅でした。
なので、女子1人旅計画されている
方へのご参考にもなれば幸いです。


PE_1.jpg

モントリオールからプリンス
エドワード島へは飛行機(*1)で
約1時間50分。時差が1時間
あります。飛行機は小さめの
機体で、タラップから直接乗る
タイプでした。
-----------------------------
(*1) 今回フライトは、
Flight Hub (https://www.flighthub.com/)
で予約。時期にもよりますが、
約1ヶ月前の予約で、(YUL-YYG)往復
約CAD360(Tax&Fees込)でした。


PE_2_1:2.JPG PE_2_2:2.jpg

シャーロットタウン空港はこじんまりと
していて、発到着便がない時間帯は
人がおらずガランとしています。


PE_3.JPG

レンタカーは事前にネットで
予約しました(*2)。が、海外で
レンタカーを利用されたことの
ある方はご存知だと思いますが、
予約なんて正直当てになりません^^;
-----------------------------
(*2)今回は安かったので、Expedia.ca
(https://www.expedia.ca/Cars)利用。


今回はトヨタ/ヴィッツのサイズで
予約して、出てきたのはこの
どデカイGMC(笑)。今までで
最大のギャップに思わず
笑ってしまいました^^


他に空いてないと言うので
これに乗ることにしたのですが、
プリンスエドワード島を回るには、
車は大きい方が便利だと今回判明。。


道はアップダウンが激しいので
馬力があった方が楽だし、
雨の日は水が溜まる道が多く、
車高が高い方が安心です。


PE_4.jpg

午後13時頃、シャーロットタウン
空港を出発し、宿へ向かう途中、
お昼がてらに『Preserve Co.』
(プリザーブカンパニー)(*3)で
休憩しました。
-----------------------------
(*3) 詳細情報は記事文末参照。


PE_5.jpg

素敵な眺めです!


PE_6_1:2.jpg PE_6_2:2.jpg

せっかくなので、特産品で
有名なロブスターの入った、
ロブスターロール(CAD17.99 )と、
このお店で売っている紅茶を1つ
(Cavendish Sunset/CAD2.99)。
優雅な時間でした。


PE_7_1:2.jpg PE_7_2:2.jpg

プリザーブカンパニーでは、
自家製のジャムや紅茶、地元の
陶芸家の作品などお土産も
置いており、ツアー観光ルートにも
組み込まれているようです。


PE_8.jpg

ちょうどルピナスの花が満開で、
ドライブ中もたくさん見ることが
できました。


PE_9.jpg

Cavendishにある宿(*4)に
チェックインした後、16時頃から
また出発しました。
-----------------------------
(*4) Cavendish Breeze Inn:
http://www.cavendishbreezeinn.com/
詳細は後日の記事をご覧ください 。


写真は、『Prince Edward Island
National Park』(*5)(プリンス
エドワード島国立公園)の一角です。
-----------------------------
(*5) 詳細情報は記事文末参照。


PE_10.jpg

日の入りに合わせて『Cape Tryon
Lighthouse』(ケープトライオン灯台)
(*6)へ行ったのは、大正解!
灯台に辿り着くまでに、車を降りて
20分程歩いたのですが、本当に
本当に美しく、まさに絶景でした。
-----------------------------
(*6) 詳細情報は記事文末参照。


PE_11.JPG

海の目の前にあるトライオン灯台が
夕日に照らされる中、周りには誰も
いない!この絶景を独り占めした、
あまりにも贅沢な1日でした:-)


Part.2へ続きます。


-----------------------------------------------------------
Preserve Company
(プリザーブカンパニー)
住所: 2841 New Glasgow Road New Glasgow, PE C0A 1N0
電話番号:902-964-4300, 800-565-5267
Email: customerservice@preservecompany.com
URL: https://preservecompany.com/
-----------------------------------------------------------


-----------------------------------------------------------
Prince Edward Island National Park
(プリンスエドワード島国立公園)
住所: North Rustico, Dalvay by the Sea, PE C0A 1P0
電話番号:902-672-6350, 888-773-8888
Email: pnipe.peinp@pc.gc.ca 
入園料: 無料(カナダ国立公園は建国150周年記念のため
2017年1月1日〜12月31日まで無料です)
開園期間:5月中旬〜10月中旬
※サービスによって営業期間が異なります。
詳細は下記リンク参照。
https://www.pc.gc.ca/en/pn-np/pe/pei-ipe/visit/heures-hours
URL: (Parks Canada)
http://www.pc.gc.ca/en/pn-np/pe/pei-ipe
(Prince Edward Island)
https://www.tourismpei.com/search/OperatorDetails/op_id/5235/
-----------------------------------------------------------


-----------------------------------------------------------
Cape Tryon Lighthouse
(ケープトライオン灯台)
住所:  Cape Tryon Rd, French River, PE C0A 2B0
URL: http://www.peilighthousesociety.ca/lighthouse.php?id=8
-----------------------------------------------------------

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

カオリ

カナダ・モントリオール特派員のカオリが現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

カナダカナダ/モントリオール特派員
名前:カオリ

カオリ

結婚を機に2015年よりモントリオール在住。主婦業のかたわら、海外関連記事執筆やコーディネーターも。米大学院で環境学修士号取得。美しいカナダの自然の様子を伝えるべく、本格的に写真の勉強中。自然はもちろん、街歩きやグルメ、旅行情報をお届けできればと思っています。写真のみに興味のある方はこちらへ、ご連絡はこちらまで。 DISQUS ID @disqus_IUATY400JV

モントリオール特派員トップにもどる

その他のカナダの特派員

モントリオールを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

モントリオール特派員トップにもどる

トップ > 北米 > カナダ > モントリオール特派員 > 憧れのプリンスエドワード島へ!(Part.1)

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について