トップ > 中南米 > メキシコ > モンテレイ特派員 > マフィアの抗争の跡地が名所化?怖いもの見たさで行ってみた

メキシコメキシコ/モンテレイ特派員ブログ

マフィアの抗争の跡地が名所化?怖いもの見たさで行ってみた

カテゴリー:治安・渡航安全情報 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2018年6月 4日

メキシコというと、マフィアやドラッグといった暗いイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。それがメキシコの全てではないですが、残念ながら、警察も司法が機能不全で、マフィアもドラッグも取り締まりきれていないのも事実です。

今を遡ること7年前、2011年頃のモンテレイは、マフィアの抗争で相当治安が悪かったと聞きます。私は当時まだ日本に住んでいたので直接は見聞きしていませんが、ガソリンスタンドが焼き討ちされたり、敵対組織の関係者の死体をわざと目立つところに晒す、なんてこともされていたそうです。
20180603_142343.jpg
その抗争を境にガラッと雰囲気が変わってしまったのが、モンテレイの旧市街。今でもフリーマーケットやアンティークショップ、バー等が集まり、特に週末は賑わうエリアなのですが、空き家もかなり目立ちます。治安の悪化する前はもっと沢山のお店があったそうなのですが、抗争に巻き込まれることを恐れて出て行った人たちは、7年経っても戻らないのですね。
20180527_155221.jpg
当時のモンテレイ旧市街がどれだけ緊迫した状況だったのか分かる場所があります。こちらのカフェ・イグアナ(Café Iguana、カフェという名前ですが、ライブハウスです)、壁にぽこぽこと穴が開いているのは、何だと思いますか?
20180527_154950.jpg
正解は弾痕、銃撃戦の跡なんです。私は詳しくないので銃の種類などは分かりませんが、一つの弾痕が10cmくらいの直径で、人差し指を入れても底につかないほどの深さです。コンクリートの壁にこれだけの痕が残るのですから、人に当たったときの衝撃たるや... この襲撃では、4人の方が亡くなったそうです。
20180527_155010.jpg20180527_155020.jpg
日本だと評判が悪くなるのを避けるために、事故や事件の痕跡はすぐ直すものですけども、7年経ってもそのままなのは、細かいことは気にしないメキシコ人気質のためなのか、私のように写真を撮りに来る物好きも結構いるからなのか(少し前に、マドリッドのテレビ局の旅番組でも、この壁がモンテレイの名所として紹介されていました)。
20180527_155039.jpg
元々人通りの多い場所で観光地のど真ん中なので、特に昼間なら、現在は一人で訪れても危険なことはないと思います。
20180603_155702.jpg
銃を使った犯罪と言うと、とかく隣国がクローズアップされがちですが、メキシコでも決して珍しくはありません。メキシコにお越しの皆様には、頭の片隅に是非そのことを留めておいてもらいたいと思います。
20180527_154918.jpg
【データ】
名称:カフェ・イグアナ(Café Iguana)
住所:Calle Diego de Montemayor 927, Barrio Antiguo, Centro, 64000, Monterrey, Nuevo León

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

Sayaka

メキシコ・モンテレイ特派員のSayakaが現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

メキシコメキシコ/モンテレイ特派員
名前:Sayaka

Sayaka

2013年よりメキシコ在住。メキシコシティでの語学留学を経て、現在の拠点は北部の工業都市・モンテレイ。通訳、翻訳、日本人の生活相談等にあたっています。スペイン語は話せても、常識が違いすぎて「言葉は通じても話が通じない」状況に陥ることは未だに度々。親日国と呼ばれながらも街に溢れる間違った日本文化に苦笑いしつつ、カルチャーショックに溢れた毎日をお届けします。 DISQUS ID @disqus_NTVjnfN6FE

モンテレイ特派員トップにもどる

その他のメキシコの特派員

モンテレーを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

モンテレイ特派員トップにもどる

トップ > 中南米 > メキシコ > モンテレイ特派員 > マフィアの抗争の跡地が名所化?怖いもの見たさで行ってみた

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について