× 閉じる

トップ > 中南米 > メキシコ > モンテレイ特派員 > 外務省のメキシコ危険情報が更新されました

メキシコメキシコ/モンテレイ特派員ブログ

外務省のメキシコ危険情報が更新されました

カテゴリー:お知らせ / 治安・渡航安全情報 投稿日:2017年8月31日

外務省海外安全ホームページの、メキシコ危険情報が8月30日付けで更新されました。
変更点は、以下の2点です。
・バハ・カリフォリニア州ティファナ市の危険レベルが1から2に引き上げ(不要不急の渡航は止めてください。)
・メキシコ州、オアハカ州、タバスコ州、ベラクルス州、モレロス州、メヒカリ市、エンセナダ市、ラパス市及びロスカボスがレベル1に新規認定(十分注意してください。)

他にもメキシコ国内で危険レベル1、2に認定されている街が多数ありますので、是非外務省安全ホームページをご参照ください。
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo_264.html#ad-image-0

実際にメキシコにいらっしゃる場合、漠然と州、市だけでなく、もっと細かくどこのエリアが危険なのか把握する必要があります。例えば私の住むモンテレイのただいまの危険レベルは「レベル1:十分注意してください」とされていますが、実際は暗くなっても女性の一人歩きができる場所もあれば、昼間でも現地の人も足を踏み入れない、スラム化しているようなエリアもあります。

IMG_2817.JPG


残念ながら、有名観光地のすぐ隣が凶悪犯罪多発地帯、なんてことも珍しくないメキシコ。

例えばこちら、私が以前住んでいたメキシコシティ郊外の有名観光地、テペヤックの丘なのですが、ここに行くにはメキシコシティの中心部、歴史地区からバスに乗るのが距離的には便利。ただしそのバス、どのガイドブックにも「絶対行ってはいけない場所」と書かれている危険地帯、テピート地区を経由するものがあるのです。バスの行き先だけ見てうっかり乗ってしまったら...と考えると、怖いですよね。


安全対策は情報戦です。外務省が危険と認定している場所に限らず、メキシコにお越しの際はまず、ホテルの従業員や現地のツアーガイドなど現地に住んでいる人に、地図を見ながら行って良いエリア・行ってはいけないエリアを確認することをお勧めします。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

Sayaka

メキシコ・モンテレイ特派員のSayakaが現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

メキシコメキシコ/モンテレイ特派員
名前:Sayaka

Sayaka

2013年よりメキシコ在住。メキシコシティでの語学留学を経て、現在の拠点は北部の工業都市・モンテレイ。通訳、翻訳、日本人の生活相談等にあたっています。スペイン語は話せても、常識が違いすぎて「言葉は通じても話が通じない」状況に陥ることは未だに度々。親日国と呼ばれながらも街に溢れる間違った日本文化に苦笑いしつつ、カルチャーショックに溢れた毎日をお届けします。 DISQUS ID @disqus_NTVjnfN6FE

モンテレイ特派員トップにもどる

その他のメキシコの特派員

モンテレーを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

モンテレイ特派員トップにもどる

トップ > 中南米 > メキシコ > モンテレイ特派員 > 外務省のメキシコ危険情報が更新されました