× 閉じる

トップ > ヨーロッパ > イタリア > ミラノ2特派員 > イースターエッグとスウィーツあれこれ in ミラノ 2017

イタリアイタリア/ミラノ2特派員ブログ

イースターエッグとスウィーツあれこれ in ミラノ 2017

カテゴリー:お知らせ / イベント・行事・お祭り / ショッピング・雑貨・お土産 / レストラン・料理・食材 / 天気・気候・気温 / 文化・芸術・美術 / 旅行・ツアー・ホテル / 生活・習慣・マナー / 自然・風景 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2017年4月15日

イタリアも本格的なパスクワ(Pasqua)と呼ばれるイースター、復活祭の連休に入りました。17日までが祝日となります。
小旅行に出かける人、郊外で日帰りピクニックを楽しむ人、またミラノの中心部のデパート、リナシェンテは「ハッピー・イースター」
と称して、16日は深夜までの延長営業をするそうです。

venchi.jpg

スローフードの提唱で知られる食のデパート、イータリーにはチョコレートメーカー、ヴェンキ(Venchi)社の巨大なイースター・エッグが華やかに飾られていて、同社のチョコレートを味見できました。
このヴェンキ(日本ではヴェンチと表記されていることが多い)のチョコレート、本当に美味しいですよ。イタリア国内の空港や主要鉄道駅にショップがありますし、濃厚なチョコジェラートはファンも多いんです。

eataly.jpg

イータリー店内は、ニワトリや卵をモチーフにしたかわいらしいデコレーションであふれていました。

そう、パスクワといえば卵、ニワトリ、ウサギ・・・・・といったキーワードでしょう。
キリストの復活祭という重要な意味を持ち、春の訪れを告げるこのお祭りは人々をウキウキとさせるようです。

uova.jpg

こんなに大きなイースターエッグもスーパーで実際に販売されていました。卵部分だけで高さ1㍍近くはあったでしょうか。
気になるお値段は52ユーロ(約6300円)でした。お店やレストランのディスプレイ用かな?

そして、このイースターエッグと共に、売り場のかなりの面積を占めるのが、コロンバ(Colomba)=鳩と呼ばれるスポンジケーキなのです。


colomba.jpg

25㌢から30㌢四方はあるでしょうか。鳩が羽を広げた形をしていて上に軽くシュガーコーティングされているのがスタンダードです。
これをお招きされたの際の手土産にしたりします。

colomba scatola.jpg

こういう箱入りのものが手ごろで人気もあります。
チョコレートやオレンジピールをあしらったもの、シリアル入り!?なんて健康志向のバージョンも出てきました。

イタリアでは次のように言われています。
"クリスマスは家族と、新年のカウント・ダウンは友人と、そしてパスクワは好きな人と過ごそう"
"好きな人"というのが柔軟性があっていいですね。愛する人、大切にしたい人は誰にだっているのですから。


最後におまけは、ちびっ子が大好きなキンダー(Kinder)のサプライズおもちゃ入りエッグ・チョコレート。


draemon.jpg

なんと男の子用にはドラえもんのパッセージングが並んでいました。
そうです、イタリアでは「ドラえもん」のテレビ放映もあったのでした。

それではみなさま、Buona Pasqua!(素晴らしいイースターを!)。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

赤星 敬子

イタリア・ミラノ2特派員の赤星 敬子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

イタリアイタリア/ミラノ2特派員
名前:赤星 敬子

赤星 敬子

兵庫県明石市出身。大学卒業後、大阪日刊スポーツ社へ入社し、芸能、レジャーなどを担当。96年に退社後、サッカー好きが高じて97年1月イタリア・ボローニャへ語学留学。その後ミラノへ移り、99年からデイリースポーツ通信員として活動を始める。サッカーサイト、雑誌などでセリエAの日本人選手やイタリア・サッカーについて執筆中。イタリア・ジャーナリスト協会会員。 DISQUS ID @keikoakahoshi

ミラノ2特派員トップにもどる

その他のイタリアの特派員

ミラノを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ミラノ2特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > イタリア > ミラノ2特派員 > イースターエッグとスウィーツあれこれ in ミラノ 2017