トップ > アフリカ > モロッコ > マラケシュ特派員 > No105:モロッコ旅⑤ Imilchil(イミルシル)

モロッコモロッコ/マラケシュ特派員ブログ

No105:モロッコ旅⑤ Imilchil(イミルシル)

カテゴリー:旅行・ツアー・ホテル / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2018年11月11日

日本人からしたら、モロッコの秘境...というのはシェフシャウエンでしょうか?
モロッコ人が思うモロッコの秘境と言えば...



ここ、モワイヤンアトラスにあるImilchil(イミルシル)ではないでしょうか?
IMG_5270.JPG



砂漠に行く途中のティネリールという町から北へ車で約3時間ほどなので、グランタクシーをチャーターするか、もしくはミニバスかヒッチハイクで行くのが王道な行き方ですが、今回はBeni-Mellal(ベニメラル)からEl Ksiba(エル クシバ)を通り、Imilchilに向かいました。


道中の景色は、地層を楽しんだり... IMG_5194.JPG


急に白樺並木が現れたりと、アトラスの不思議を感じます。 IMG_5474.JPG


また、羊飼いや、ロバに乗っている風景もフォトジェニック。 IMG_5395.JPG


ここImilchilで、最も、有名な9月に行われる、Imilchil Moussemという、お祭りがあります。未婚の女性たちはベルベルウエディングとよく呼ばれる白いスパンコールがついたタピ(カーペット)をまとっています。このフェスティバルに合わせて、大きな巨大市場も開かれ、ラクダや羊、馬など、動物たちが売られいます。 IMG_6891 (2).jpg


このフェスティバル、湖のそばで行われるのですが、この湖には偉大な恋愛秘話があります。


「昔、この地に住む男女が恋に落ち、結婚を誓い合ったけれど、お互い別々の部族の出身であり、その部族は対立関係に婚約が許されることはなかった。悲しみにくれた男女はそれぞれの村で絶えず涙を流し続け、その結果二つの湖ができ、彼らは一緒に湖に身を投げました。」


街に近い湖が花嫁の湖と呼ばれている「Tislite」 IMG_5215.JPG


さらに10分ほど車で向かうと、花婿の湖の「Lsli」もあります。 天気によって、湖の見える色が違うから不思議... の湖は少し、エメラルドグリーンに見えました。 この湖の間には山があり、二人の魂は死後も離れていると言います。 モロッコも、だいぶ変わってきましたが、まだまだ都市部でも日本のような自由な恋愛というのは普通ではありませんが、このことをきっかけに、他の部族とも結婚できるようになったと言います。 IMG_5309.JPG


長い間、第三者は立ち入り禁止でしたが、観光業に力を入れているので、私達、旅行者にも伝統的な衣装や食べ物、音楽、ダンスでもてなしてくれるようです。ただ、9月のいつからやるかは、本当にギリギリじゃないとわからないので、必ず確認のうえお出かけください。
この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

Shiho

モロッコ・マラケシュ特派員のShihoが現地からアフリカ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

モロッコモロッコ/マラケシュ特派員
名前:Shiho

Shiho

2014年から2年間JICAボランティアとしてモロッコ王国の卓球のナショナルチームに派遣されベニメラルという街で生活。日本へ帰国後モロッコへの想いが捨てきれず11ヶ月後再びモロッコへ。現在は、可愛いものがたくさん溢れるマラケシュで2回目のモロッコライフ満喫中。イスラム文化とフランスのエスプリが交わる中で刺激的な毎日を送っています。 DISQUS ID @disqus_CukSbqCauv

マラケシュ特派員トップにもどる

その他のモロッコの特派員

マラケシュを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

マラケシュ特派員トップにもどる

トップ > アフリカ > モロッコ > マラケシュ特派員 > No105:モロッコ旅⑤ Imilchil(イミルシル)

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について