トップ > アフリカ > モロッコ > マラケシュ特派員 > No86:イブ・サンローランが愛した庭園 Jardin Majorelle

モロッコモロッコ/マラケシュ特派員ブログ

No86:イブ・サンローランが愛した庭園 Jardin Majorelle

カテゴリー:見所・観光・定番スポット 投稿日:2018年7月29日

ここはモロッコ?と、思わず言いたくなる、Jardin Majorelle(ジャルダンマジョレル/マジョレル庭園)。
IMG_4674.jpg



世界遺産にも登録されているメディナは朝から晩まで騒音が絶えないけれども、
このマジョレル庭園はマラケシュの中でも、モロッコの中でも特殊な空間です。
世界各国から集められた植物があり、
IMG_3523.JPG


日本人としてはどこか懐かしい竹林が、訪問する人を迎え入れ、世界中のサボテンがマラケシュの強い光の中で、 上に上に伸びて行っています。 IMG_3544.JPG


フランスの画家ジャック・マジョレル(1886-1962)が造園し、彼の他界後、デザイナーのイブ・サンローランが買い取りました。 鮮やかな蓮の花を眺めながら、世界の流行を生み出していたのでしょうか? IMG_3574.JPG


池には金魚が泳いでいます。 IMG_3607.JPG


庭園を進むと、鮮やかなマジョレルブルーとカナリアイエローの建物が見えます。 この邸宅は、今はベルベル美術館として、北アフリカの美術品や宝石などが展示されています。 IMG_3621.JPG


この鮮やかな中で、人々はインスタ映えを狙ったフォトを撮るために、みんな本当に一生懸命撮影...。 IMG_0077.JPG


たまに邪魔が入りますが(笑) IMG_0216.jpg


イブ・サンローランのLOVEコレクションのポスターやポストカードはお土産にも人気です。 IMG_3624.jpg


ココでしか購入できない、お洋服、アクセサリーの数々はいつ見てもポップな色使いで人々にビタミンをチャージしてくれます。 IMG_3638.JPG IMG_3633.JPG IMG_3632.JPG


スークの値段を考えるとモロッコの物価はどこへ消えてしまったのだろう...というくらい高額ですが、 やはり物より思い出ではなく、モノも思い出!ということで、ここにしかない素敵なアイテムの購入の検討も是非。 IMG_3629.JPG


庭園を散策しながら、CAFEで一休みもできますよ! IMG_3643.JPG IMG_3641.JPG


いつも混んでいるので入場の仕方のおススメとしては、YSLミュージアム側でOPEN間際にチケットを購入。ミュージアムを先に見学して、マジョレル庭園を散策する方が並ぶことが少ないので、効率いいと思います。ミュージアム側はチケットを購入後、人が多いときは入場制限しているため、入場待ちの列に並ぶ必要があります。庭園は、チケットさえあれば、入場できます。 チケットを購入時には、Billet Conbiné(ビエ コンビネ)、マジョレル庭園とYSLミュージアム両方入場できる180DH(2160円/1MAD=12JPY)コンプリートチケットがそれぞれ購入するより、20DH(240円/1MAD=12JPY)お得です!マジョレル庭園側で購入すると、時間によってはチケットを購入するのに、1-2時間待ちのこともありますので、個人的には朝一番で行くのがおススメです。 IMG_0328.JPG IMG_0349.JPG IMG_0322.JPG


是非、イブ・サンローランが愛した世界に足を運んでみてください。 IMG_3608.JPG

■マジョレル庭園(Jardin Majorelle)
・Adress:Jardin Majorelle Rue Yves Saint Laurent Marrakech, Maroc
・Horaire:8:00~17:30(10~4月)、8:00~18:00(5~9月)、9:00~17:00(ラマダン)
・URL:http://www.jardinmajorelle.com/
・マジョレル庭園・ベルベルミュージアム入場料:70DH(840円/1MAD=12JPY)
・マジョレル庭園のみ:40DH(480円/1MAD=12JPY)

この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

Shiho

モロッコ・マラケシュ特派員のShihoが現地からアフリカ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

モロッコモロッコ/マラケシュ特派員
名前:Shiho

Shiho

2014年から2年間JICAボランティアとしてモロッコ王国の卓球のナショナルチームに派遣されベニメラルという街で生活。日本へ帰国後モロッコへの想いが捨てきれず11ヶ月後再びモロッコへ。現在は、可愛いものがたくさん溢れるマラケシュで2回目のモロッコライフ満喫中。イスラム文化とフランスのエスプリが交わる中で刺激的な毎日を送っています。 DISQUS ID @disqus_CukSbqCauv

マラケシュ特派員トップにもどる

その他のモロッコの特派員

マラケシュを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

マラケシュ特派員トップにもどる

トップ > アフリカ > モロッコ > マラケシュ特派員 > No86:イブ・サンローランが愛した庭園 Jardin Majorelle

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について