トップ > アフリカ > モロッコ > マラケシュ特派員 > No67:イスラムの国の神秘のワイン Le vin gris

モロッコモロッコ/マラケシュ特派員ブログ

No67:イスラムの国の神秘のワイン Le vin gris

カテゴリー:レストラン・料理・食材 投稿日:2018年6月 2日

ワインといえば、赤・白・ロゼが日本ではメジャーでしょうか?



モロッコはイスラム圏ですが、ワイナリーがあります。
フランスの植民地時代、フランス人が持ち込んだワイン。メクネス、エッサウィラ、モハメディア...
農業大国であるモロッコは風土や気候にも恵まれ、多くの地域でワインを生産しています。



歴史と伝統を誇るモロッコのワイナリーの 中でもモロッコに訪れたら、是非トライしていただきたいのがLe vin gris(ヴァン・グリ)。グレーのワインです。
IMG_0764 (2).JPG



黒ぶどう(赤ぶどう)から造られる白ワインのことです。色は、ほんのり赤や黄色味がかった白といったところでしょうか...ロゼの色味と比べるとさらに薄いです。
お味は白よりもコクがあり、赤よりもさっぱりと。どんな食事、そしてデザートにも合う、大変飲みやすいワインです。

モロッコのお酒を扱うレストランやスーパーでは、赤・白・ロゼ・グリと4つに種類が分かれています。
私がオススメするお手頃価格のグリのワインを3種類ご紹介!



1.Médaillon

IMG_0448.JPG
IMG_0449.JPG
メダイヨン!といえば、モロッコ在住のお酒好きの人は知らない人はいないくらいの名の知れたワインです。
赤、白、ロゼ、グリと4種類あり、ブドウの恵みを楽しめます。
中でもグリは厚みのある果実味と柔和な酸のバランスが良くスッキリとした後味です。
産地:Benslimane/ベンスリマン(モハメディア)
値段:99DH(1188円/1MAD=12JPY)



2.PERLE GRISE DE MOGADOR 2017

IMG_0439.JPG IMG_0441.JPG
エッサウィラのワイナリーがつくる、有機農法で育てられたブドウで、
ベリーフルーツと甘酸っぱいキャンディーのようなスッキリとしたワインです。
口に含んだ瞬間にひろがる香りが最高です!コクがあり、お肉にも魚にもあうワインです。
産地:Essaouila/エッサウィラ
値段:94DH(1128円/1MAD=12JPY)



3.LARROQUE

IMG_0444.JPG
IMG_0447 (2).JPG
私が、ラクダさんと呼んでいるこのワイン。農業が盛んな地域、メクネス地域で生産されたワインです。
紹介している中では、一番口当たりがまろやかでフルーティー。 飲みやすくきれいな喉ごしです。
パッケージも可愛いですし、ミニボトルもあるので、モロッコ土産にもいいですね!
産地:Meknes/メクネス
値段:84DH(1008円/1MAD=12JPY)



モロッコは旅行者や在住外国人も多い国のためか、イスラム諸国のなかでも
大都市では、比較的アルコールが手に入りやすいです。
しかしながら、2012年ごろにMarjan(マルジャン)、2016年のはじめ、ASIMA(アシマ) 大手スーパーではお酒の販売事業から撤退し、現在購入できるのはCarrefour(カルフール)というスーパーだけになります(お酒コーナーは早くしまります。ラマダン中は購入不可です。)スーパーといえど、モロッコはまず、どこの街でもスーパーがあるとは限らず、田舎に行けば行くだけ、購入しにくくなります。
レストランでも全てのレストランでお酒を取り扱っているわけではないですが、大都市であれば、観光客向けのレストランや大きめのホテルのバーなどで飲むことが出来ると思います。



マラケシュの旧市街に小さいカルフールと新市街のカレエデンという場所に1件ずつCarrefourがあります。
(GoogleMAPはジャマエルフナに近い、小さいカルフールを表示しています。)
タクシーの運転手も、「カルフールに行きたい」と言えば、「小さいカルフール?大きいカルフール?」と聞いてくると思います。どちらもお酒購入可能です。



是非、モロッコにお越しの際は、グレーのワインLe vin grisを飲んでみてください!

この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

Shiho

モロッコ・マラケシュ特派員のShihoが現地からアフリカ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

モロッコモロッコ/マラケシュ特派員
名前:Shiho

Shiho

2014年から2年間JICAボランティアとしてモロッコ王国の卓球のナショナルチームに派遣されベニメラルという街で生活。日本へ帰国後モロッコへの想いが捨てきれず11ヶ月後再びモロッコへ。現在は、可愛いものがたくさん溢れるマラケシュで2回目のモロッコライフ満喫中。イスラム文化とフランスのエスプリが交わる中で刺激的な毎日を送っています。 DISQUS ID @disqus_CukSbqCauv

マラケシュ特派員トップにもどる

その他のモロッコの特派員

マラケシュを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

マラケシュ特派員トップにもどる

トップ > アフリカ > モロッコ > マラケシュ特派員 > No67:イスラムの国の神秘のワイン Le vin gris

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について