トップ > 北米 > アメリカ > ロスアンゼルス特派員 > No. 424: 日系人の人たちががんばってくれたから。

アメリカアメリカ/ロスアンゼルス特派員ブログ

No. 424: 日系人の人たちががんばってくれたから。

カテゴリー:イベント・行事・お祭り / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2018年4月28日

こんにちは。


今回は今月初めてのロスアンジェルスのお話となります。こちらに住み始めてから17年。ニューヨークと何が違うかというと友人関係がかなり変わったこと。ニューヨークに住んでいた時は日系アメリカ人の友人はいませんでした。が、こちらに来てから数人ではありますが、友人と呼べる日系人の方との出会いがありました。アメリカでの日系人の歴史を習う機会も増えましたし、また戦争中の一世の方々の苦労も色々と聞く機会も与えていただき、とてもありがたく思います。さて、先週の週末に友人がディレクトしました、一世の方々が真珠湾攻撃の翌日FBIによって収容所に連れて行かれその後どうなったか、、、という劇を観に行ってきました。カリフォルニアで有名なのはマンザナー。ですが、その前に数週間収容された場所がロスアンジェルスそんなに遠くない場所にあったと発見されたことからこの劇が書かれることとなったそうです。遺品の中から見つかった手紙等を手掛かりに一家族に焦点をあて書かれた涙が止まらない劇でした。


劇が始める前に流されていたビデオでは実際に経験した収容所のお話が聞けました。

IMG_2010.jpg


こんな風にトラックに乗せられ収容所に連れて行かれたのですね。

IMG_2006.jpg


劇のチラシです。Tuna Canyon Detention Station が収容所に連れて行かれる前に皆さんが約2週間過ごした場所だそうです。

IMG_2008.jpg


劇の後に立ち寄ってみました。中には入れませんでしたが、ここ、、、。日系人の方々ががんばってくれたので今日本人が胸をはってここに住むことができます。お礼に頭を下げてきました。

IMG_2021.jpg

ではまた。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

マッキーン 奥田 すみれ

アメリカ・ロスアンゼルス特派員のマッキーン 奥田 すみれが現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/ロスアンゼルス特派員
名前:マッキーン 奥田 すみれ

マッキーン 奥田 すみれ

1983年よりアメリカに住むベテラン。NYでの18年の生活後、現在はWest LAに属する小さな海に囲まれた町マリブに主人と2匹の犬と住む。“健康は食事で作り、維持”がモットー。健康でいる為の食事の指導を、主にマリブとビバリーヒルズで行ってる。楽しみは美味しい物を料理、食事をすること。そして旅行で魂の洗濯をすること。ロスアンゼルスでの日々の生活の魅力、短期でもこの町を満喫出来る様、“カラフル”そして“今”をお届けする窓口として情報を提供致します。ご連絡はこちらにどうぞ。 DISQUS ID @disqus_WCZqnAGomC

ロスアンゼルス特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

ロサンゼルス(カリフォルニア)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ロスアンゼルス特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > ロスアンゼルス特派員 > No. 424: 日系人の人たちががんばってくれたから。

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について