× 閉じる

トップ > 北米 > アメリカ > ロスアンゼルス特派員 > No. 410: 守ってあげたい!蝶々がどんどん減っている。

アメリカアメリカ/ロスアンゼルス特派員ブログ

No. 410: 守ってあげたい!蝶々がどんどん減っている。

カテゴリー:自然・風景 投稿日:2018年2月10日

こんにちは。


とっても久しぶりに記事となります。もう2月も中旬に入りました。今年も毎日時間がたつのがとっても早い、、、です。さて、今日はちょっとドライブで遠出をして蝶の生息地を見てきたお話となります。モナーキーと呼ばれる蝶でして、ずいぶん昔に一度やはり記事を書いたのですが、今回の生息地は場所が変わりマリブから車で約3時間の場所となります。去年の12月に行きたいと思いながらも山火事があって行けませんでした。そして1月は忙しく行けずやっと行けましたが今年は気温が高くほとんどの蝶がもう去っていまして観れたのは数百羽でした。またモナーキ蝶はミルクウィードと呼ばれる草にしか卵を産まないのですが、家がどんどんと建つことによって卵も産めない、産めても十分な食料がないという問題も多々出てきている様子です。


場所はピズモ・ビーチ。小学生のクラスもちゃんとお話を聞いていました。売店もあり、寄付のつもりでシャツを買いました。私は子供用のLサイズでいいので、17ドルで購入。

IMG_1303.jpg

IMG_1288-thumb-600xauto-331745.jpg

IMG_1322.jpg


蝶。綺麗なオレンジ色です。下の写真がクラスターと呼ばれる蝶の軍団。

IMG_1287.jpg

IMG_3499.jpg


自然がどんどんなくなるとこうやって蝶の数も減ります。ですが、蝶や蜂がいなくなると農業にも影響が出ますよね。守ってあげたい、自然を!


ではまた。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

マッキーン 奥田 すみれ

アメリカ・ロスアンゼルス特派員のマッキーン 奥田 すみれが現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/ロスアンゼルス特派員
名前:マッキーン 奥田 すみれ

マッキーン 奥田 すみれ

1983年よりアメリカに住むベテラン。NYでの18年の生活後、現在はWest LAに属する小さな海に囲まれた町マリブに主人と2匹の犬と住む。“健康は食事で作り、維持”がモットー。健康でいる為の食事の指導を、主にマリブとビバリーヒルズで行ってる。楽しみは美味しい物を料理、食事をすること。そして旅行で魂の洗濯をすること。ロスアンゼルスでの日々の生活の魅力、短期でもこの町を満喫出来る様、“カラフル”そして“今”をお届けする窓口として情報を提供致します。ご連絡はこちらにどうぞ。 DISQUS ID @disqus_WCZqnAGomC

ロスアンゼルス特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

ロサンゼルス(カリフォルニア)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ロスアンゼルス特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > ロスアンゼルス特派員 > No. 410: 守ってあげたい!蝶々がどんどん減っている。