トップ > ヨーロッパ > イギリス > ロンドン特派員 > 隠れ家的カフェがお勧め!文豪ディケンズ博物館

イギリスイギリス/ロンドン特派員ブログ

隠れ家的カフェがお勧め!文豪ディケンズ博物館

カテゴリー:お題 / ショッピング・雑貨・お土産 / レストラン・料理・食材 / 文化・芸術・美術 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2019年2月 9日

19世紀のイギリス文学を代表する、人気作家チャールズ・ディケンズ。日本でも「オリヴァー・ツィスト」「二都物語」「クリスマス・キャロル」などを読んだ方は多いことでしょう。


1arudickens.jpg


そんな彼が妻や子供たちとともに住んでいた家のひとつが、今は彼の軌跡をたどる博物館になっています。最寄り駅はキングス・クロスまたはラッセル・スクエアという、まさにロンドン中心地にある一角です。


1arudickens3.jpg


内装も、彼が住んでいた頃のように再現されていて、まるでヴィクトリア時代にタイムスリップしたよう。


1arudickens1.jpg


ディケンズの書斎。孤児院で苦労したオリバー少年のように困窮した庶民の実態をリアルに描いたディケンズ自身も、12歳で靴墨工場で働き始めるなど受難の少年時代を送った人。だからこそ、読者から大いに共感される作品を生んだのだと思います。


1arudickens2.jpg


学校にも4年間しか通えなかったのに努力のすえ、法律事務所での事務員から新聞記者へ、そして作家となって成功しました。人間の本質的な問題をリアルに描写した彼の作品は、こうして今も読み継がれています。


1arudickens4.jpg


執筆活動の合間には、この窓辺で道行く人々を観察しながら想を得たりしたんじゃないかな・・・?


1arudickens5.jpg


ちなみにこの博物館は有料(大人£9.50、2019年2月現在)なのですが、1階にあるショップとカフェだけならば無料です。


1arudickens6.jpg


「背表紙とカバーだけは実に素晴らしい本もある:There are books of which the backs & covers are by far the best parts.」=中身のほうは取るに足らない本も一杯ある、という彼の名言がプリントされたコットンバッグ。文学好きの人には良いお土産になりそうですね~。


1arudickens7.jpg


こちらがカフェ。博物館が休館になる月曜日以外は、午前10時から午後5時まで営業しています(ラストオーダー午後4時半)。また裏庭には素敵なテラス席もあるので、お天気の良い季節にピッタリ♪


1arudickens9.jpg


文豪の家に招かれて、お庭でティータイムしているみたい。博物館に入場しなくても利用できるカフェ、ちょっと隠れ家みたいでお勧めです!


チャールズ・ディケンズ博物館 (Charles Dickens Museum)
住所:48 Doughty St, London WC1N 2LX
Tel:020 7405 2127
URL:https://dickensmuseum.com/
休館日:月曜


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

小野 雅子

イギリス・ロンドン特派員の小野 雅子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

おすすめ記事

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

イギリスイギリス/ロンドン特派員
名前:小野 雅子

小野 雅子

ロンドン西郊外に住む会社員、職場はヒースロー空港周辺です。在英20年以上の経験値を発揮して、初めてイギリスへいらっしゃる方にも興味深く分かりやすいロンドン観光&生活ガイドとしてお役に立てれば…と思います。個人ブログ「ロンパラ!」はこちら♪以前はヒースロー特派員 DISQUS ID @disqus_4TucldK0iv

ロンドン特派員トップにもどる

その他のイギリスの特派員

ロンドンを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ロンドン特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > イギリス > ロンドン特派員 > 隠れ家的カフェがお勧め!文豪ディケンズ博物館

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について