× 閉じる

トップ > ヨーロッパ > スロヴェニア > リュブリャナ特派員 > スロベニアの中華料理

スロヴェニアスロヴェニア/リュブリャナ特派員ブログ

スロベニアの中華料理

カテゴリー:レストラン・料理・食材 投稿日:2017年10月13日

実は外国の料理を提供するレストランの中で、一番多いのが中華料理レストランだと思います。(もちろんピザ屋さんは除いてですけど)

1B49F96A-83E2-4F47-9B93-74433B153E72.jpeg

首都リュブリャナにはもちろん、海岸沿いやスロベニアの北東部、西部、南部、本当にスロベニア中に中華料理のレストランがたくさんあるのです。中国人によって経営されているのですが、メニューは日本とは違います。例えば、私が大好きな麻婆豆腐やエビチリはありません。タンメンなどの麺類もないです。

ヨーロッパの中華料理は炒め物がメイン。基本的に中国のお醤油をベースに肉(牛肉、鶏肉、豚肉、鴨)&野菜のコンビネーションか、シーフード(イカ、白身魚)&野菜のコンビネーションのどれか。

興味深いのは、どこのレストランも多くのスロベニア人で賑わっているということ。

今回食べたメニューは二つ。

炒めた野菜に鴨がのったもの(9.9€)と牛肉、きのこ、キクラゲの炒め物(8.3€)。

85351A4F-86A4-40CA-ADA8-ECA298325EDB.jpeg 2305BB29-3EEB-4D78-BBB2-AACEC585C054.jpeg

頼まなくてもご飯が付いてきます。ジャポニカ米ではなくタイ米のような、細くて少しパサパサしたご飯です。

どっちもボリューム満点で美味しゅうございました。

2EB6A6DC-1F5A-4ABF-919A-18184DC95412.jpeg

そして店内は中国風のデザインとなっています。この日も沢山の人で賑わっていました。

F2D956E2-5BF5-4AFD-ADBB-3925D196EA1F.jpeg 06F674FA-A4FE-42D5-A25F-438B7BFA29AC.jpeg

C14F91AF-69D2-4D5E-BC69-4C8F2F7151DF.jpeg

日本料理レストランは少し高くつきますが、中華は野菜も肉も食べれて、お米も食べれて比較的安い上に満腹になれるのがスロベニアで人気の理由なのかもしれませんね。

本音を言うと、どこのレストランも味は一緒!値段も差があまりありません。メニューの名前まで全部一緒のところもあります。ですから安心して、中華を試したかったら目に留まったお店に入ってもらって間違いがないと思います。

スロベニアで中華も悪くないですよ♪

個人ブログ を始めました。スロベニアやその周辺の情報をモリモリ掲載していきますので、ぜひ覗いてみてくださいね。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

菊地 由貴

スロヴェニア・リュブリャナ特派員の菊地 由貴が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

スロヴェニアスロヴェニア/リュブリャナ特派員
名前:菊地 由貴

菊地 由貴

2011年冬にスロベニアのリュブリャナへ移住。学生、会社員を経て現在は翻訳、通訳ガイドとして勤務。スロベニア国内の観光情報、お得な情報を発信して皆さんの役に立たれ場と思っています。私個人のブログでも発信していますよ。URL:blknukiexprss.blogspot.si

リュブリャナ特派員トップにもどる

リュブリャナを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

リュブリャナ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > スロヴェニア > リュブリャナ特派員 > スロベニアの中華料理