トップ > ヨーロッパ > ドイツ > ライプツィヒ特派員 > 世界遺産!ライプツィヒ近郊の町、アイスレ-ベンにあるマルティン・ルタ-の生家。

ドイツドイツ/ライプツィヒ特派員ブログ

世界遺産!ライプツィヒ近郊の町、アイスレ-ベンにあるマルティン・ルタ-の生家。

カテゴリー:見所・観光・定番スポット 投稿日:2018年8月 8日

宗教改革で有名なマルティン・ルタ-。95か条の論題を提起してカトリック教会の腐敗を訴えたヴィッテンベルクが、ルタ-ゆかりの町として真っ先に思い浮かべますよね。2017年はその宗教改革からちょうど500年記念の年でした。

そのルタ-の生家が、ライプツィヒ近郊の町アイスレーベンにあります。



正式には、ルタ-シュタット・アイスレ-ベン(ルタ-の町、アイスレ-ベンという意味)というのが町の名前。ちなみに、ヴィッテンベルグも正式には、ルタ-シュタット・ヴィッテンベルグと言います。


町の中心、マルクト広場にはもちろんルタ-の銅像が建っていますね。

Marktplatz.jpg*marktplatz

とても小さな可愛らしい街です。

そこから約300m、徒歩5分ほどのところに、ルタ-の生家が残っています。

zentai.jpg

ルタ-はここで1483年11月10日に生まれました。

家の入口はこちらですが、今はそこからは入れなくなています。

iriguchi.jpg

建物の裏側。
uragawa.jpg



そして建物の中は併設する新しい建物と共に、博物館として公開されています。

Hakubutukaniriguchi.jpg

すでに1693年には、アイスレ-ベン市が建物を買い取り、ルタ-巡礼者のために記念館として設置されていたそうで、この博物館はドイツ語圏では最古の記念館だそうです。

そして、1996年にはヴィッテンベルグと共に「ルタ-記念建造物群」としてユネスコの世界遺産に指定されました。

博物館では、ルタ-一家についてや当時の町の様子、父の職業である鉱山業についてなどの展示があります。さらに、ルタ-直筆の手紙や、出版物、洗礼盤などオリジナルの展示物が盛りだくさん。

修復された当時の建物の中でも、二階に上がる石の階段は当時のまま保存されています。また、一階部分では、ルタ-が生まれた頃の部屋が再現されています。

ライプツィヒからちょっと足を延ばして日帰り旅行にもお勧めです!

ルタ-の生家

Luthers Geburtshaus

Lutherstraße 15

06295 Lutherstadt Eisleben

開館時間

4-10月: 毎日10-18時

11-3月: 10-17時 月曜休館

入館料

大人5ユ-ロ、子供2.5ユ-ロ

10人以上の場合は一人4ユ-ロ

家族チケット10ユ-ロ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

シェ-ファ-玲子

ドイツ・ライプツィヒ特派員のシェ-ファ-玲子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ドイツドイツ/ライプツィヒ特派員
名前:シェ-ファ-玲子

シェ-ファ-玲子

2008年夏よりドイツ中東部の町ライプツィヒ在住。その前は12年間ベルリン、そして学生時代はミュンヘンに留学していた神戸生まれの関西人。日本でも神戸のドイツ総領事館に勤務するなど、ずっとドイツと関わってきた。ドイツ移住後は謀テレビ局ベルリン支局にて2017年秋まで勤務。現在はライプツィヒにてフリ-ランスと主婦業に従事している。個人ブログ「ライプチヒで独逸日記」もよろしければご訪問ください! DISQUS ID @disqus_vXOimP5ytn

ライプツィヒ特派員トップにもどる

その他のドイツの特派員

ライプツィヒを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ライプツィヒ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ドイツ > ライプツィヒ特派員 > 世界遺産!ライプツィヒ近郊の町、アイスレ-ベンにあるマルティン・ルタ-の生家。

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について