トップ > 日本 > 京都特派員 > 塔とタワーのフォトジェニックな景色

日本国内日本国内/京都特派員ブログ

塔とタワーのフォトジェニックな景色

カテゴリー:お題 投稿日:2018年10月 9日

IMG_1229.jpg

京都で最も京都らしい風情を感じる所は東山かも知れません。
その東山の中で、特に京都らしい景色を残している法観寺(八坂の塔)もその一つ。
東山通りから八坂りに入ると突如出現する法観寺(八坂の塔)。
絵画の遠近法さながらに、細い小路の奥に建つ五重塔。
この景色は、まさしくドキリとする風景です。

IMG_1210.jpg

法観寺は飛鳥時代に聖徳太子が建てた、日本で最初の五重塔と言われています。
その頃の法観寺は、七大寺のひとつとして記されていたことから、堂塔伽藍が建ち並んでいたそうです。
その後、長い歴史の中、京の町はたびたび戦乱となり、多くのお寺が焼失しました。
法観寺(八坂の塔)も同じで、治承3年(1179年)に八坂神社と清水寺の争いによって類焼したり、
永享8年(1436年)に炎上したりと、幾たびも火災に遭ったそうです。
でも、その度に源頼朝や足利義政といった時の権力者により再建され、現在でも、その姿を残しています。

IMG_1237.jpg


現在の塔は室町将軍・足利義政によって1440年に再建され現在に至っています。
法観寺から少し上がり、左に曲がると二年坂に高台寺。
道をそのまま上がると清水寺へと続きます。

IMG_1232.jpg


この辺りは近代の日本の歴史を感じる所も多く、龍馬坂に維新の道と、
名前だけでも幕末の歴史を想像します。
三年坂の手前を左に曲がる道は霊山護国神社に続いています。
ここには、坂本龍馬をはじめ明治維新の誕生につくした志士達1043名の霊が祀られています。


IMG_1235 (2).jpg

《フォトジェニックな塔とタワーの景色》

二年坂を下り、高台寺の高台に来ました。
法観寺(八坂の塔)を見る時、ここからの眺めもお勧めです。
夕暮れの中に、八坂の塔と京都タワーが見えます。


IMG_1255.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

Akio

日本国内・京都特派員のAkioが現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/京都特派員
名前:Akio

Akio

仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

京都特派員トップにもどる

京都に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

京都特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 京都特派員 > 塔とタワーのフォトジェニックな景色

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について