トップ > 日本 > 京都特派員 > 「愛宕念仏寺」目に優しい緑の世界

日本国内日本国内/京都特派員ブログ

「愛宕念仏寺」目に優しい緑の世界

カテゴリー:自然・風景 投稿日:2018年5月30日

IMG_9345.jpg

前ぺージの嵯峨鳥居本から更に奥に進むと
清滝トンネルの手前にあるのが愛宕念仏寺(おたぎねんぶつじ)です。



《1200羅漢の寺》

愛宕念仏寺は、別名・千二百羅漢の寺とも言われ、境内には千二百の羅漢様がおられます。
梅雨の近い今、羅漢様は苔に包まれています。

IMG_9350.jpg


本堂に続く坂道からは、三宝の鐘楼、ふれ愛観音堂、地蔵堂が見えます。
こちらは三宝の鐘楼。
それぞれの鐘には、「佛」「法」の「僧」の文字があります。

IMG_9332.jpg

坂道を上がると地蔵堂。


IMG_9334.jpg
 
《千二百体の羅漢様》

「羅漢」とは、インド原語サンスクリット語から伝わる、
仏法を守護する聖人の意味だそうです。


IMG_9329.jpg

愛宕念仏寺の「千二百羅漢」は昭和56年、仁王門の解体復元修理を行った際、
寺門興隆を願って作られたのが始まりだそうです。
一体一体すべてが一般の参拝者自らの手によって彫られたもので、
発願10年後には1,200体となり「千二百羅漢」と呼ぶようになりました。

IMG_9335.jpg


五月末の愛宕念仏寺。
目に優しい緑の世界が広がっています。

IMG_9347.jpg

《愛宕念仏寺》


〇〒616-8439 京都市右京区嵯峨鳥居本深谷町2-5
〇拝観時間 8:00~17:00 休日:無し
〇拝観料 300円
〇交通 京都バス  愛宕寺前(おたぎでらまえ)バス停から徒歩すぐ。

〇交通・徒歩   JR嵯峨嵐山駅から2.2km徒歩約35分
         京福電鉄嵐山駅から2.2km徒歩約35分
         阪急嵐山駅から3.1km徒歩約45分

〇愛宕念仏寺周辺の見所 一之鳥居、平野屋、つたや、愛宕街道、清滝、青もみじ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

Akio

日本国内・京都特派員のAkioが現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/京都特派員
名前:Akio

Akio

仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

京都特派員トップにもどる

京都に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

京都特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 京都特派員 > 「愛宕念仏寺」目に優しい緑の世界

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について