トップ > 日本 > 京都特派員 > 幕末を感じる島原では、輪違屋さんの特別公開が行われています。

日本国内日本国内/京都特派員ブログ

幕末を感じる島原では、輪違屋さんの特別公開が行われています。

カテゴリー:文化・芸術・美術 投稿日:2014年8月 8日

島原では、「京の夏の旅」の目玉とも言える、 輪違屋さんの特別公開が行われています。
島原大門をくぐって「島原・輪違屋」さんに向かいました。
輪違屋さんは、新選組ゆかりの島原に現存する唯一の置屋さん。
今後もいつ公開されるかわからないという、とても貴重な特別公開となっています。


輪違屋・2014夏 004.jpg

《島原の歴史》

島原は かつて50軒ほどの置屋さんと 約20軒の揚屋さんがあり
西郷隆盛・桂小五郎・坂本龍馬...といった 幕末の勤王志士達や、
近藤勇・芹沢鴨ら新撰組の面々も 利用していた所と言われています。

輪違屋・2014夏 007.jpg

輪違屋さんは、元禄年間の創業以来320年以上も営業を続ける、
島原に現存する唯一の置屋さんです。
現在も揚屋さんと置屋さんを兼ね備えた現役の店で、日本で唯一「太夫」さんが居る所です。

輪違屋・2014夏 009.jpg

島原の太夫さんと言いますと、毎年桜の時期に北区鷹ヶ峯の常照寺で行われる
「島原太夫の道中行列」が浮かんで来ます。

(写真は、2013年の常照寺・道中行列)


太夫1.jpg

常照寺には、寛永二十年に三十八歳という若さで病死した吉野太夫のお墓があります。
花供養では、吉野太夫を偲び、鷹峯の源光庵近くから、太夫道中の後、
吉野太夫の墓前で舞を捧げ、境内では野点も行なわれます。
(2013年・常照寺・道中行列)


太夫3.jpg

艶やかな太夫さんと、見事な道中傘を思い出しました。
(2013年・常照寺・道中行列)

太夫2.jpg

《輪違屋さん》


輪違屋さんの表には「観覧謝絶」の札が掛かっています。
いわゆる「一見さんお断り」のお店です。

輪違屋・2014夏 013.jpg

建物の中に入ると、至る所に輪違いの紋が施されています。

輪違屋さんと言いますと、浅田次郎さんの本「輪違屋糸里」に登場する糸里さんは、
「維新の名花」と例えられた「桜木太夫」さんがモデルだそうです。
この方は、"桂小五郎(木戸 孝允)の深い馴染みでのちに伊藤博文の愛妾となる"
とありました。

輪違屋・2014夏 015.jpg

主の間からの眺め。

輪違屋・2014夏 023.jpg

襖に貼られているのは、当時の太夫が常連さんに宛てて書いたという手紙。
恋の歌が流暢な字で綴られています。


輪違屋・2014夏 019.jpg

座敷奥には、新選組の近藤勇の書が屏風に仕立てて置いてありました。

輪違屋・2014夏 020.jpg


階段を上がり2階へと向かいました。
一階は写真OKでしたが、二階は残念ながら撮影禁止です。
二階では、3つの部屋を見ることが出来ます。
本物の紅葉を塗り込んでかたどった「紅葉の間」。
続いて「太夫の間」では、豪華な内掛けがありました。
そして、ここが見たかった。「傘の間」です。

傘の間の襖には、銀箔の無地に本物の大きな道中傘が張られ、部屋の襖を
全て閉めると4本の傘が見える様になっています。
道中傘には高の文字。(↓写真は、ポスターから)
時代を超える、素晴らしいデザインに感動しました。

また、床の間には桂小五郎(木戸孝允)の書が掛けられていました。

輪違屋・2014夏 028.jpg

輪違屋さんの特別公開。
幕末と言う時代を、とても近くに感じました。

輪違屋・2014夏 025.jpg

《輪違屋・特別公開》

○2014年7月12日~9月30日 ※10:00~16:00(15:30で受付終了)
○大人600円、小学生300円 
○問い合わせ先 公益社団法人京都市観光協会 075-752-7070 
○アクセス JR嵯峨野線「丹波口駅」から徒歩7分 


今回の特別公開では、近くにある、「島原 角屋」さんも公開されています。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

Akio

日本国内・京都特派員のAkioが現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/京都特派員
名前:Akio

Akio

仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

京都特派員トップにもどる

京都に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

京都特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 京都特派員 > 幕末を感じる島原では、輪違屋さんの特別公開が行われています。

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について