トップ > アジア > マレーシア > クアラルンプール特派員 > 2019年チャイニーズニューイヤーのクアラルンプール風景

マレーシアマレーシア/クアラルンプール特派員ブログ

2019年チャイニーズニューイヤーのクアラルンプール風景

カテゴリー:イベント・行事・お祭り 投稿日:2019年2月 5日

2019年チャイニーズ・ニュー・イヤー(Chinese New Year)は2月5日。
クアラルンプールでは1月中旬を過ぎるころから中華系が多いエリアはもちろん、商業施設なども真っ赤なデコレーションが増えてきました。

IMGP5483-2.jpg

最近はSNSを意識してフォトジェニックなスポットが増えたように思います。

IMGP5456.JPG

イベントのたびにほぼ毎回写真を撮りに行くパビリオンKL(Pavilion KL)では、正面入り口と7階(Level 7)などに撮影&セルフィースポットがあります。

FSCN0107.JPG

またチャイニーズ・ニュー・イヤーを象徴する赤いランタン。
とにかく映えます!

特に夜に灯りがともると夜空とのコントラストは幻想的。

スクリーンショット 2019-01-29 16.39.16.png

こちら は以前にご紹介した天后宮(英:Thean Hou Temple、マレー:Tokong Thean Hou)

通年赤いランタンが印象に残る仏教寺院ですが、この時期は周囲にも飾りつけられてさらに鮮やかになっています。
日没後はKLの夜景も見ることができます。
赤と夕闇のコントラストが美しい時間は、季節によって20分ほど変化がありますが、日没前後の午後7時-7時半ぐらいを目安に。

IMG_9924.JPG

これは中華系マレーシア人にはおなじみの旧正月用のファイヤークラッカーのポップポップ(Pop Pop)
数十年前は子どもがこの時期に地面にむかって叩きつけて音を鳴らして遊んでいたそうで、今はレトロ玩具のカテゴリー。

駄菓子屋さんのようなところに行くと、この時期に売っていることがあり、子ども用というよりも大人がなつかしがって買っていくアイテムなのだとか。

IMG_9925.JPG

1箱の中に直径1cmほどの丸いファイヤクラッカーが入っています。
5箱でRM6(約160円)と、いかにも駄菓子屋さんで売ってそうな値段に思わず購入してしまいましたが、来年まで使えそうなぐらいたくさん入っていました。

ファイヤークラッカーや花火だけではなく、チャイニーズ・ニュー・イヤーの休みの間は、中華系コミュニティのあちらこちらから鳴り物の音が響くのもマレーシアの風物詩となっています。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

逗子 マリナ

マレーシア・クアラルンプール特派員の逗子 マリナが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

おすすめ記事

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

マレーシアマレーシア/クアラルンプール特派員
名前:逗子 マリナ

逗子 マリナ

広告代理店、コミュニティ紙の取材記者、その後フリーランスへ。雑誌ライター、ムック本コピーライターの他、現在は主にWebを中心に寄稿。今まで訪れた国は約30カ国。アメリカ、オーストラリアと海外在住歴はのべ8年。現在はクアラルンプール在住。旅は寄り道や偶然に発見が多いので自分で車を運転していくのが好き。 DISQUS ID @disqus_z5UaIgenEt

クアラルンプール特派員トップにもどる

その他のマレーシアの特派員

クアラルンプールを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

クアラルンプール特派員トップにもどる

トップ > アジア > マレーシア > クアラルンプール特派員 > 2019年チャイニーズニューイヤーのクアラルンプール風景

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について