トップ > アジア > マレーシア > クアラルンプール特派員 > 2018年ラマダン中のクアラルンプールはこんな感じです

マレーシアマレーシア/クアラルンプール特派員ブログ

2018年ラマダン中のクアラルンプールはこんな感じです

カテゴリー:イベント・行事・お祭り 投稿日:2018年6月 6日

現在マレーシアはラマダンの期間。
2018年のラマダンは5月16日〜6月14日まで。イスラム暦に基づいてその年のラマダン期間は変動します。

IMG_2212.jpg

モスリム(イスラム教徒)は、夜明けから日没後まで食事をできないため、フードコートなどはいつもと違って空いています。基本的にはマレーシア人でもモスリム以外は普通に生活していますが、やはりどことなく普段の生活ペースとは違ったように感じられます。

営業時間が変更あるいは休みといった飲食店やショップもあるので旅行などで訪れる場合は注意が必要です。
特に飲食店はラマダン期間は夕方から営業といったところも。

IMG_2264.jpg

ラマダンの期間だけに開催されるのがラマダン・バフェ(Ramadan Buffet)。マレー系料理を中心としたバイキングです。
ホテルや飲食店などには、スタート時間の日没前後からモスリムのみならず多くの人々が訪れて賑わっています。ラマダンバフェではもちろん飲酒はできません。

IMG_8419.jpg

IMG_8420.jpg

スーパーやデパートでは、ハンパー(Hamper)と呼ばれるお菓子やドライフルーツ、飲み物などが入ったバスケットが山のように積まれています。
これは親戚や知人などの家を訪れる時に持参するギフトのようなもの。
このハンパーはチャイニーズニューイヤー(中華系)、ディパバリ(インド系)など民族によって中味が違うので、興味深いところです。

IMG_8417.jpg

またこの時期はラマダン・バザールも至るところで開かれているので、のぞいてみてはいかがでしょうか。巨大ショッピングモールワンウタマ(1UTAMA)のイベントスペースには、中東風のバザールが再現されていました。

IMG_2240.jpg

IMG_2238.jpg

IMG_2234.jpg

季節感が感じられないマレーシアですが、民族ごとのイベントが多く、ショッピングモールのディスプレイで月日の移り変わりが感じられます。
それもまた生活の中の楽しみの一つとなっています。

IMG_2221.jpg

クアラルンプールの中心ブキッ・ビンタン(Bukit Bintang)の高級ショッピングモールのパビリオン(Pavilion)では、イベントのたびに大きく美しく、そしてびっくりするようなディスプレイで知られています。逆にイベントを意識していないで訪れて、気付かされることも。

6月15日、16日はハリラヤ・プアサ(Hariraya Puasa)でラマダン明けの祝日となります。この時期は日本でいう年末の帰省ラッシュみたいなものです。交通渋滞があったり、観光地が混雑したりするので、余裕を持っておでかけくださいね。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

逗子 マリナ

マレーシア・クアラルンプール特派員の逗子 マリナが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

マレーシアマレーシア/クアラルンプール特派員
名前:逗子 マリナ

逗子 マリナ

広告代理店、コミュニティ紙の取材記者、その後フリーランスへ。雑誌ライター、ムック本コピーライターの他、現在は主にWebを中心に寄稿。今まで訪れた国は約30カ国。アメリカ、オーストラリアと海外在住歴はのべ8年。現在はクアラルンプール在住。旅は寄り道や偶然に発見が多いので自分で車を運転していくのが好き。 DISQUS ID @disqus_z5UaIgenEt

クアラルンプール特派員トップにもどる

その他のマレーシアの特派員

クアラルンプールを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

クアラルンプール特派員トップにもどる

トップ > アジア > マレーシア > クアラルンプール特派員 > 2018年ラマダン中のクアラルンプールはこんな感じです

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について