× 閉じる

トップ > アジア > マレーシア > クアラルンプール特派員 > 2018年のクアラルンプールのチャイニーズニューイヤー

マレーシアマレーシア/クアラルンプール特派員ブログ

2018年のクアラルンプールのチャイニーズニューイヤー

カテゴリー:イベント・行事・お祭り 投稿日:2018年2月14日

IMG_1417.jpg

中華系マレーシア人にとって1年の最大のイベントともいえる旧正月がやってきました。
この時期になると、街中は赤を基調にした飾りつけでお祭りムード一色になります。

IMG_1403.jpg

IMG_1400.jpg

クアラルンプールにあるチャイナ・タウン(China Town)
現在はどちらかというと露店が多く並ぶ佇まいとなってはいます。

IMG_1412.jpg

それでもチャイニーズニューイヤーを控え、生花店や菓子店をはじめ
旧正月に欠かせないアイテムなどを買い求める人で賑わっています。

IMG_1394.jpg

竹の寄せ植えは、中華系のお正月飾りの定番。
値札を見るとRM228(約6,270円)。縁起物とはいえかなりの値段ですね。
おそらくお店などに飾るのではないかと思います。

IMG_1405.jpg

商店街の入り口ではドリアンが!
というか、匂いですぐわかりますが、これもこの時期に食す人気の食べ物。
中華系マレーシア人はとにかくドリアンが好きで、屋台のはしごをしたりするそうです。
ところで注意ですが、ドリアンは絶対にビールと一緒に食べてはいけないそうです。
なんでもお腹の中で爆発してしまうとか(中華系友人談)

IMG_1419_01.jpg

ブキッ・ビンタン(Bukit bintang)パビリオンKL(Pavilion KL)モール。
何度か紹介しましたが、季節のイベントのたびに趣向を凝らしたアイデアの装飾で知られています。

IMGP3248.jpg

IMGP3244.jpg

年末のクリスマス仕様とはうってかわって、こちらもすっかりチャイニーズニューイヤーに。
天井からは花びらが降ってくるかのように見え、別名「春節」と呼ばれるイメージにぴったり。

IMGP3250.jpg

レストラン街では、縁起物とされる桃のオブジェの前で
お正月ソングを生演奏していました。
なぜかすごい盛り上がっていて、特に琴の男性は、弾きながら記念撮影に応じていました。
見ている人も一緒に口ずさんだり、踊ったり。こういった風景もマレーシアらしさの一つです。

IMG_1431.jpg

IMG_1446.jpg

マレーシアではレストランやお店は年中無休で夜遅くまで開いていることが多いのですが
チャイニーズニューイヤーはちょっと事情が違います。
よく働く中華系マレーの人々も、さすがにお休みすることも多いようです。
そのため中華系のお店が短縮営業になったり、レストランが閉まっていたりすることもあります。

爆竹と花火が鳴り響いて止まない賑やかなマレーシアのチャイニーズニューイヤー。
これもまた南国マレーシアの見どころの一つだと思います。


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

逗子 マリナ

マレーシア・クアラルンプール特派員の逗子 マリナが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

マレーシアマレーシア/クアラルンプール特派員
名前:逗子 マリナ

逗子 マリナ

広告代理店、コミュニティ紙の取材記者、その後フリーランスへ。雑誌ライター、ムック本コピーライターの他、現在は主にWebを中心に寄稿。今まで訪れた国は約30カ国。アメリカ、オーストラリアと海外在住歴はのべ8年。現在はクアラルンプール在住。旅は寄り道や偶然に発見が多いので自分で車を運転していくのが好き。 DISQUS ID @disqus_z5UaIgenEt

クアラルンプール特派員トップにもどる

その他のマレーシアの特派員

クアラルンプールを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

クアラルンプール特派員トップにもどる

トップ > アジア > マレーシア > クアラルンプール特派員 > 2018年のクアラルンプールのチャイニーズニューイヤー