× 閉じる

トップ > アジア > ネパール > カトマンドゥ特派員 > 2018年12月運行再開予定のジャナクプル鉄道/ネパール

ネパールネパール/カトマンドゥ特派員ブログ

2018年12月運行再開予定のジャナクプル鉄道/ネパール

カテゴリー:交通・鉄道・航空 投稿日:2018年4月13日

IMG_20180410_220017_wm.jpg

ネパール唯一の鉄道があるジャナクプル。終点は国境を越えたインド側にあり、全長約30km程しかない短い鉄道です(でした)。


しかし2013年頃から運行が不定期となり、2014年頃からずっと運休が続いています。ジャナクプルまで鉄道を見に行って、運休中でガッカリされた方もいらっしゃるのではないでしょうか。


廃線となるのではと噂されたこともありましたが、現在は整備の真っ最中です。


先日ジャナクプルを訪れたところ、線路の敷き換えや、駅舎の建て替え工事が急ピッチで進められていました。

IMG_20180410_220237_wm.jpg

ジャナクプルから先へも線路を延ばす計画のようで、街の外側には盛土が延びていました。線路が敷かれる予定の鉄橋の上を歩く地元の人々。

IMG_20180410_220135_wm.jpg

旧車両は解体の真っただ中。

IMG_20180410_220115_wm.jpg

車庫に放置されている錆びついたエンジン車両。

IMG_20180410_220041_wm.jpg <


駅前の商店や、工事の作業員にいつ頃完成するのか聞くと、「次のビバハ・パンチャミの日」とのこと。

IMG_20180410_220001_wm.jpg


「ビバハ・パンチャミ」というのは、毎年11月~12月頃祝われる、シータ神とラム神の結婚を祝う祭りのこと。ジャナクプルにある寺院で盛大に祝われ、この日は例年、ネパールのみならずインドからも参拝客や巡礼者がたくさん訪れるほど。


今年のビバハ・パンチャミは12月12日にあたっています。ということは、約8ヶ月後。


しかしジャナクプル周辺線路も敷かれておらず、本当に運行再開できるのだろうか、という不安も感じましたが、地元の人たち皆口をそろえ「大丈夫!」と言います。他の区間は全て完成しているので、ジャナクプル周辺が終われば完成なのだとか。


この日をジャナクプル鉄道運行再開の日に選ぶとは、街や国をあげての強い意気込みが感じられます。


ジャナクプル市内、駅前のメインストリートを始め、リングロードや他あちこちで道路拡幅工事も進められていましたので、鉄道完成の暁には、今以上に活気のある街に変わっているかもしれません。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

春日山 紀子

ネパール・カトマンドゥ特派員の春日山 紀子が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ネパールネパール/カトマンドゥ特派員
名前:春日山 紀子

春日山 紀子

初ネパール入りは1996年。2000年よりカトマンドゥ在住。3年間の語学留学を経て、現在はトレッキング会社ヒマラヤンアクティビティーズを経営。日本のTV撮影手配経験も豊富。
ネパール情報満載のブログ・日々のネパール情報Twitterも発信中。メールはこちらまで。 DISQUS ID @disqus_Fnjjf1OdT4

カトマンドゥ特派員トップにもどる

カトマンズを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

カトマンドゥ特派員トップにもどる

トップ > アジア > ネパール > カトマンドゥ特派員 > 2018年12月運行再開予定のジャナクプル鉄道/ネパール